セフレと費用対効果【ナンパで原価計算を学ぶvol.2】

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。今回はナンパの実践からビジネス現場で通用するロジカルシンキングを学びましょう。
解説する用語:“CPR / CPC”、“CPO / CPA”、“LTV”
(イラスト:エモリハルヒコ)

14 CPR / CPC(原価計算)

◇本来の意味◇

CPR / CPCとは、それぞれCost Per Response / Cost Per Clickの略。CPRは、資料請求や会員登録、見積もり依頼など、見込み顧客からの反応を一件獲得するのにかかったコストのこと。CPCは、ネット広告の掲載料金の単位の1つで、webサイトやメールに掲載されたテキスト広告やバナー広告の、クリック1回あたりにかかったコストのこと。

◆モテビジ解説◆

CPR / CPCは、【投じたコスト】÷【獲得した反応(クリック)数】で算出できます。たとえばネット広告の場合、あるwebサイトに50万円のバナー広告を1ヶ月間出稿して、10万クリックあったら、50万÷10万=5で、CPCは5円です。ただし、ナンパの場合、お茶してくれる人が見つかるまで声をかけ続けるのにコストはかかりませんから、CPR / CPCは、1回のお茶代とイコールです。とはいえ、お酒を飲みに行けば1人あたり約1万円、5人と飲みに行ったらそれだけで5万円です。エッチもしていないのにそれだけコストが必要とは、ナンパってお金がかかりますね。それなら、ナンパの時間帯を昼間にして、お茶をカフェで済ませば、CPR / CPCはかなり下げることができるかもしれません。

15 CPO / CPA(原価計算)

◇本来の意味◇

CPO / CPAとは、それぞれCost Per Order / Cost Per Actionの略。前者ならDM送付、後者ならネットのバナー広告などによって、実際の商品購入や有料会員登録といった、その施策が目的とする最終成果(コンバージョン)を1件獲得するのにかかったコストのこと。これによって、本当に費用対効果の高い施策を検討することができる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
モテるビジネス用語

小石ヤマ

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。某有名企業に勤める著者が、マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。身近な恋愛ネタだから簡単に覚えられ、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sizukanarudon https://t.co/2qDxvfOaio 4年以上前 replyretweetfavorite

irie63u めっちゃ面白い考え方(笑) 4年以上前 replyretweetfavorite