フィオナ・タン まなざしの詩学」—映像によせて

恵比寿・東京都写真美術館で開催中の「フィオナ・タン まなざしの詩学」。インドネシア生まれオーストラリア育ちの彼女の作品は、どこかノスタルジーな雰囲気を帯びています。映像も写真の一種という捉え方をしながらも、写真を超えて写真的な表現を行おうとする彼女の試行錯誤の軌跡を見つめるうちに、時間を忘れてしまう展覧会です。

東京都写真美術館で、「フィオナ・タン まなざしの詩学」と題する展覧会が始まっています。フィオナ・タンはインドネシア生まれで、現在はアムステルダムを拠点に活動するアーティスト。写真や映像を用いた作品で知られておりまして、今回は映像による代表作や新作がいくつも展示されています。

写真美術館と銘打つ場なのに、映像作品が中心なのは不思議ですか? そのあたりは、けっこう柔軟に考えているようですよ。この写真美術館では、さまざまなメディアを使ってイメージを平面に落とし込んでいるものを、等しく映像とみなし、それら全般を扱うことになっています。その考えに基づけば、写真も映像表現の一ジャンル。静止した映像だということになります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pommeblanc 「 フィオナ・タン まなざしの詩学」——映像によせて|どこより早い展覧会案内ーー 4年弱前 replyretweetfavorite

wadatti 金沢の21世紀美術館で見ましたが、おもしろかったです。「 フィオナ・タン まなざしの詩学」——映像によせて|どこより早い展覧会案内ーー 4年弱前 replyretweetfavorite