二村さんは自分のチンコにしか興味ないんですよ 深澤真紀対談3

最新刊『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』を書き終わった後、なぜか性欲がなくなったという二村ヒトシさん。それは自分が女性を支配できたような達成感に対する「むなしさ」や「罪悪感」ゆえかもしれないと語る二村さんを、深澤真紀さんは「結局二村さんは自分のチンコにしか興味がない」と看破します。

本を出したら、性欲がなくなってきました

二村ヒトシ(以下、二村) 深澤さんと芥川賞作家の津村記久子さんの対談本『ダメをみがく “女子”の呪いを解く方法』を拝読しました。津村さんは相当おもしろい方ですね。芥川賞をとられたあとも普通の会社で普通にOLを続けられてるんですよね?

深澤真紀(以下、深澤) いまは会社は辞められましたよ。津村さんの自意識はとても面白くて、ねじれた自意識の私には興味深かった。この対談のテーマは、「社会の変な中年として生きよう」ってことなんですよね。

二村 変な中年?

深澤 私も彼女も、それぞれ「変な中年」として生きていく道を一生懸命いま探しているところなんです。そしてそれは二村さんにならって言えば、自分の「心の穴」(※)をある程度肯定して残すことなのかもしれません。
 でも二村さんは、「あなたの心の穴はここでしょう、その理由を探しましょう」って発見して喜んでますよね。
※心の穴:二村さんが提唱する恋愛理論のキーワードで、心のなかの満たされない部分のこと。二村さんは「心の穴」を、子供時代の親に否定された経験によって生み出され、人はそれを埋めるために恋愛をすると語っている。(参考記事

二村 じつは自分の最大の心の穴だと思っていた「女好き」っていうのが、最近なくなってきてしまって……。以前だったら行ってたな、っていうところで踏み込まなくなってきたんです。

深澤 あんなに本のなかで自分をさらけ出して、出し尽くしていたら性欲も薄れますよ(笑)。ちなみに二村さんは最近亡くなった作家の渡辺淳一さんのことは羨ましいんですか?

二村 以前は羨ましかったんですよ。ああいう死に方したかった。

深澤 今は違うんですね。どこで変わったんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ochibineco この対談、深澤さんの凄さを思い知る 4年以上前 replyretweetfavorite

parisrealite 面白い人と話っていっぱいあるなあと。 4年以上前 replyretweetfavorite

consaba 「じつは自分の最大の心の穴だと思っていた「女好き」っていうのが、最近なくなってきてしまって……。」(二村) 深澤真紀対談3| 4年以上前 replyretweetfavorite

douseidoumei 『「女にある程度理解がある」ように見せている人って、実は「自分のチンコ萌え」だったりしますから』『だから自分のチンコが好きな男こそ、女に優しいふうにみせかけたりする』深澤さん最高です!!!! https://t.co/Bp5h7MGWD3 4年以上前 replyretweetfavorite