恋の数だけハッピーエンドがある

電子書籍作品はセクシー度高め?

ハーレクインといえば、「恋は本屋さんで売っている」のキャッチコピーが有名。しかし最近ではハーレクイン作品は書店で販売している紙の本だけでなく、オンラインで簡単に買える電子書籍としても販売されています。電子書籍で人気な作品の傾向とは?

【ハーレクイン豆知識:ハーレクインと電子書籍

ハーレクインが電子書籍の展開を始めたのは’06年頃で、比較的早い時期からでした。ボタンひとつで気軽に作品が買える電子書籍ではやはり、セクシー度の高い作品の方が人気がある様です。ハーレクインでも紙書籍ではストレートなラブシーン描写や不倫などは基本的にNGなのですが、デジタルではそういったものを解禁した作品を展開しています。

【作品紹介】

愛に濡れたマーメイド

NYの闇の帝王キングズリー・エッジが所有する、秘密の会員制高級ナイトクラブ〈ファゾムズ〉。酒を飲みくつろぐ男たちを囲むように据え置かれた巨大な水槽の中で、銀の鱗のタトゥーをきらめかせた全裸の美しい少女たち—マンハッタン・マーメイド—が優雅に泳いでいる。彼女たちはキングズリーによって庇護され、高給を支払われ、豪華なアパートメントをあてがわれる。“キングズリーのマーメイドは処女でなければならない”という、たったひとつの条件のもとに。 処女を失う—それはマーメイドが人間の女になるとき。即ち、〈ファゾムズ〉を去るとき。NYきっての若手弁護士デレク・プリンスは、そんなマーメイドたちの中でもひときわ美しいジーニアに恋をした。彼女のどこに触れても、キスをしてもいい。狂いそうなフェラチオをされることも許されている。欲望に猛る彼のモノを、ジーニアの処女に突き立てさえしなければ。だがデレクは、ジーニアの最初で最後の男になりたいという想いを、次第に抑えられなくなっていく—。


「今夜もようこそ、ムッシュー・プリンス」

 振り向くと、後ろにキングズリーが立っていた。今夜の彼は多少モダンなスーツ—黒のアルマーニ—を着ていた。髪は昨夜のようなポニーテールではなく、下ろしたままだ。名の知れた男の貴族風の顔は、まぎれもなくぴりぴりしていた。

「ミスター・エッジ、また来いとジーニアに言われたんです。かまいませんよね?僕はただ彼女と話がしたいだけです」

「もちろんだとも。おれのマーメイドたちはここの従業員であって、囚人ではない。会いたい人には誰でも会えるようになってる。このメモを君に渡してほしいと、ジーニアに頼まれたよ」

 キングズリーは、水滴のしみがついた海のように青い紙切れをデレクに手渡した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋の数だけハッピーエンドがある

ハーレクイン・ロマンス

数々の恋愛小説を世に送り出し、女性たちに癒やしを届けてきたハーレクイン・ロマンス。なんと、これまでに出した全ての小説は必ずハッピーエンドを迎えるのだとか。今回はそんなハーレクインの日本上陸35周年を記念して、人気の35作品の見どころを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません