ずっと片思い

bar bossaの店主・林伸次さんのコラム、今回は林さんが出会った「相思相愛」を求めない女性の話から始まります。そして、様々な恋愛の形を知った林さんが、大女優に恋し続けた作曲家の「片想い」エピソードを紹介します。

正しい恋愛とはなんなのか?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

以前、「恋愛の春の部分だけ」が好きな女性が僕の近くに登場して困ったことがありました。

まだお店を始める前、音楽が好きで、ライブをやったりDJパーティを企画したりする5、6人の男性の友人グループに所属していたことがあったのですが、そこに突然、彼女は現れました。

彼女は音楽が大好きで、趣味もよく、そしてすごく美人でした。彼女は僕たちが朝まで下北沢のロックバーで飲んでも、最後までつきあって、一緒になって音楽を語り合う「ほとんど男友達」に近いような存在でした。

しかし、彼女はみんなと会っているとき以外の時間に、グループのうちのふたりの男性に積極的に電話をしたり、こっそりデートをしたりしているということが途中で発覚しました。

もちろん、そのふたりの男性はなんとなく気まずくなり、グループの雰囲気も悪くなりました。

それで僕が代表して、彼女に「彼らふたりのどっちが好きなの?」という質問をしたら、「全然、そんな気はない。向こうから勝手に私のことを好きになっただけ」ということでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaaki 今週もおもしろいです。オードリーに片思いしていた、ヘンリー・マンシーニの話が切ないです。想うのも、想われるのも、ややこしいんだけど楽しいですよね。 約4年前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 ちょっとでもこういうのあこがれるw 約4年前 replyretweetfavorite

hirarisa_ やっぱ「片思い」って究極にサステイナブルでエコだし、片思いこそ本当の愛なんじゃないかな!(しらんけど) 約4年前 replyretweetfavorite

himenomico そんなにオードリーがのことが!マンシーニのサントラを引っ張り出したくなる話。@bar_bossa 5分 約4年前 replyretweetfavorite