チャレンジしないリスク

大企業で働くことは「ハイリスク・ローリターン」――こう指摘されると驚く方もいるかもしれません。しかし、「思うようにチャレンジできない」硬直した環境は、あなたの成長を妨げるものでしかないのです。
とはいえ、今すぐ起業せよということではありません。まずは、「サラリーマン体質」を脱ぎ捨てましょう。環境を言い訳にせず、自ら変わることが大切です。

PHPビジネス新書『成功体験はいらない』より、一部を公開します。

いまや大企業は「ハイリスク・ローリターン」?

 チャレンジするには勇気がいる。だが、さまざまな技術的基盤や社会的基盤が整った現在では、ひとむかし前にくらべると、挑戦へのハードルは格段に低くなっている。
 以前、前出のセールスフォース・ドットコムのベニオフ氏と話した際、彼は、「起業はノーリスクだ」と言いきっていた。セースルフォース・ドットコムは、オラクルから独立した彼が創業し、ビジネス系アプリケーションをクラウドで提供している世界的なIT企業だ。
 そのトップが断言するほどに、じつは起業そのもののハードルは低い。シリコンバレーの起業家の一人としての彼の発言には説得力がある。彼はまた日本の起業環境について、「日本では起業家たちが高い評価を受けていない」とも語っていることは、本連載の「『捨てる』ことが苦手な日本人」で述べたとおりである。
 従来、日本人には「寄らば大樹の陰」という発想が強かった。公務員になったり、大企業に入ってサラリーマンとなれば、雇用は保障され、定年まで勤め上げれば日々の生活や老後にも困らないだけのお金は得られる。社会的な評価もそれなりに高い。ハイリスク・ハイリターンの起業家とは違って、ローリターンではあるがローリスクの人生が送れる。だから公務員や大企業の人気はいまだに高い。
 しかし、少なくとも大企業に勤めることがローリスク・ローリターンな時代はとっくに過去のものとなっている。変化の激しい時代にあっては、動きの遅い大企業にいることは、むしろ「ハイリスク・ローリターン」になりつつあるともいえる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
成功体験はいらない

辻野晃一郎

グーグル、アップル、アマゾン。圧倒的な意思決定のスピードはどこから生まれてくるのか? ソニーを経てグーグル日本法人社長を務めた著者は、「しがらみを捨てると世界の変化が見える」と指摘します。 新しいビジネスルールの見取り図と、そこで生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_tocci 「役人」というのは「人の役に立つ人」のことを言うのだ https://t.co/ONLOAgu8N5 約4年前 replyretweetfavorite