第1回】会員制ホテル極秘パーティでわかった富裕層大増殖のウソ・ホント

完全会員制の高級ホテルの極秘パーティに潜入した。出席者は資産家ばかり。ホテル会員権は超高額ながら大人気だそうだ。不況の今、富裕層は逆に増えているといわれるが、本当なのか。

 正門前の守衛が同乗者の名前を確認すると、外の世界とそのホテルとを“分断”していたセキュリティゲートがガチャリと上がった。車がその先にある玄関へ滑り込むと、ドアマンが恭しく出迎えてくれた。

 9月21日夜、東京・臨海副都心にひっそりと立つ完全会員制の高級ホテル「東京ベイコート倶楽部」で開かれたメンバー限定の極秘パーティに同行した。

 高級そうな調度品が飾られたロビーを抜け、早速、地下のパーティ会場へ向かったが、途中でホテルマンに呼び止められた。どうも記者の格好がドレスコードに引っかかってしまったようだ。受付でジャケットを借りて、何とか会場に足を踏み入れることを許された。

 照明が落とされた会場にはテーブルが13卓並んでいる。品のよい約100人の紳士淑女が席に着いており、それぞれのテーブルで話に花が咲いていた。

東京ベイコート倶楽部で行われた会員限定パーティ。Photo by Masato Kato

 参加者たちは、全米チャートをにぎわせたこともあるというジャズバンドの生演奏に耳を傾けながら、松茸と鮑とフォアグラのコラボや、黒毛和牛ロースのグリエなど、次々と運ばれてくるフランス料理に舌鼓を打っている。

 記者が案内されたテーブルには、同行させてくれた会社社長のほか、中年の男性と妙齢の女性のカップルと、20代前半とおぼしき女性2人が座っていた。女性1人に聞いたところ、「おじいさまが会社を経営していますの」とのこと。テーブルによって世代はバラバラだったが、大半は会社経営者や医師、弁護士やその家族だという。

 ホテルの最上階には、お台場の夜景を眼下に見下ろす豪華なスパや大型プール、ジムが完備されている。屋外プールでは大手通信会社の社長が盛大にバーベキューパーティを開いたといった逸話も漏れ聞こえる。

ホテル内にはカップルで利用できるスパ(上)や屋外ジャグジー(下)も完備されている。Photo by Masato Kato

 パーティを楽しんだ参加者はそのままスパに行ったり、部屋でくつろいだりして週末の夜を優雅に過ごすという。

 部屋はもちろん全室スイート。会員権の価格(年間24泊タイプ)だけで最低でも1500万円。最高級スイートだと4000万円を超える。まさに選ばれた資産家だけが楽しむことを許された“異空間”といえる。

 それを裏付けるかのように、ホテルの地下駐車場にはフェラーリやポルシェをはじめ、ハマー、メルセデスのゲレンデヴァーゲンなど、自らの財力を誇示するかのような高級車がひしめき合っていた。

 開業は2008年3月。まだ4年半しかたっていないが、不況のご時世にもかかわらず、早くも会員枠の9割が埋まっている。3タイプあるスイートのうち、最高級とその下のクラスはすでに完売というのだから大したものである。会員には誰もが知る韓流スターや有名社長など著名人も多数おり、約1万4000人もの会員を獲得しているという。

世界第2位の金持ち大国
新たに役員富裕層が台頭

 いったいそれほどのお金持ちがどこにいたのかと皮肉の一つも言いたくなるが、実は日本には100万人を超す資産家が存在することをご存じだろうか。

 欧州の調査会社のRBCウェルスマネジメントと仏コンサルティング大手のキャップジェミニが公表した「ワールド・ウェルス・レポート」によると、11年の日本の富裕層人口は前年から8万人増加して約182万人となり、過去最高を記録した。日本は世界の富裕層人口1100万人のうち、実に16.6%を占める世界第2位の富裕層大国との評価を海外では受けているのだ。

 ちなみに、世界最大の富裕層を抱えるのは米国で、その数は何と300万人を超える。3位以下はドイツ、中国、英国、フランスと主要国が並ぶ結果となった。

 このレポートでもう一つ興味深いのが、日本の富裕層は大半が高齢者で、30歳以下はわずか1%しかいないという点だ。いくら世界第2位のお金持ち大国といっても、これでは「若者貧乏大国」でしかなく、世代間での資産のいびつな偏りは早急に解決すべき課題だ。

 日本の伝統的な富裕層として、企業オーナー、地主、医師が挙げられるが、その多くが高齢者で、分厚い資産家層を形成しているのだ。そこに起業家などの比較的若い世代が割って入ろうとしているというのが、日本の富裕層を取り巻く現状だ。

 そんな勢力図に地殻変動が起ころうとしている。“新参者”が台頭してきたのだ。

 大企業の役員がそれだ。最近は役員報酬の急激な伸びによって、期せずして富裕層の仲間入りを果たした大企業の役員が激増しているというのである。

 「経済財政白書」によると、資本金10億円以上の大企業製造業の役員報酬の平均は、約1500万円だった01年度からわずか4年で2倍の約3000万円まで跳ね上がった。従業員1人当たりの平均給与は約600万円からほとんど変わっていないにもかかわらずだ。

 富裕層の実態に詳しい甲南大学の森剛志准教授は「その後も役員報酬の上昇傾向は続き、現在は平均で5000万円を突破し、さらにその数を増やしている」と解説する。

 実際、たった1年で1億円以上の役員報酬を得ている役員だけで約360人もおり、数千万円クラスの報酬となれば、その比ではないくらい人数は膨れ上がる。

 一方で、「日本が富裕層大国というのは大いなる誤解」との主張がにわかに浮上している。

 確かに、ボストンコンサルティンググループがこのほどまとめた「グローバル・ウェルス・レポート」を読み解いていくと、まったく異なる日本の富裕層事情が浮かび上がってくるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

富裕層のカネと知恵【1】~誤解だらけ!日本のお金持ち最新事情

週刊ダイヤモンド

国税当局の監視強化、後を絶たない投資詐欺、海外移住の失敗、日本のお金持ちに相次いで災難が降りかかっている。そんな苦境にありながらも、知恵を絞り、自らのカネを巧みに増やしている人たちがいる。知られざる富裕層の資産防衛術と処世訓をお伝えし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード