なぜアメリカは ”The” U.S.A なのか?

日本人が間違えやすい定冠詞 the を、さらに掘り下げて考えてみました。なぜ Japan には the がつかないのに、USAは “the U.S.A” なのか? なぜ最上級は「the + 最上級」なのか? the がつく原理をしっかりと理解して、きれいな英文を書けるようになりましょう!

 前回の記事では、不定冠詞 a, an についてお話しました。今日は再び、定冠詞 the についてさらに深くお話ししましょう。

 前回の記事でお話したように the は「お前も知っている『あれ』」を示すのに使われ、a は「どれでもいいからひとつ」を指し示すのに使われます。「だから右から3番目のリンゴ」だったら、 “the thrid apple from the left.” だし、「腹減ったから(どれでもいいから)リンゴくれ!」なら “Give me an apple. I am hungry! ”なわけです。

 で、この the が指し示す「お前も知っている『あれ』」には、いくつかのパターンがあります。まず、誰にでも当たり前に認知されているものは、 the で導かれます。the moon, the earth なんかはもちろんそうですし、家の中の冷蔵庫は the fridge です。ガレージ、洗濯機、食洗機。他にもいろいろありますよね。そういうものはみんな、家族間で話す限りにおいては、the garage, the dish washer, the washerって感じで、the で始まるわけです。

 陸上部の練習でいつも走るトラックだったら、the track だし、着替えるのは the rocker room。部活の仲間内だったら、これで全部通じますよね、どれもこれも「お前も知っている『あれ』」ですから。

the で始めて、説明を加えて「限定」する
 もうひとつのパターン、それは文章に説明を足して「ほれ、あれあれ」とするパターンです。例えば、

Can you see the boy who is running along the river?

これだと、「ほれ、あの川沿いを走っている男の子見える?」と対象が極めて限定されるので、boy の前に the がくるのが適切なわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

watarumohawk https://t.co/vhM7CAXlYG 約4年前 replyretweetfavorite

kmiya_69 地名にtheが付くパターン、なるほど〜 約4年前 replyretweetfavorite

ISU_instant なるほど!「そうした前提もなく “I like the dogs.” というと、地球上に存在するすべての犬を愛しているかのような、不思議な響きがあります」 約4年前 replyretweetfavorite

psy10de 唯一無二のUSA!ではなかったんか(^^ヾ 約4年前 replyretweetfavorite