おしゃれ族「BOBO」をパリジャンが皮肉る理由

パリに暮らす人のなかで「BOBO(ボボ)」と呼ばれる人たちを知っていますか? 日本のファッション誌などだと「おしゃれなライフスタイルのお手本となるパリジャン」といった、ポジティブな意味で取り上げられているのですが、中村綾花さんがパリジャンたちにボボのことを聞いてみると皮肉な笑いが返ってきて……。いったいどういうことなんでしょうか?

暑い! 日差しが刺すように照りつける7月のパリです。

最近観光客にも注目されつつある運河沿いのエリア「パリの10区」(最寄りの地下鉄駅は「Republic」)では、パリジャンたちが日光浴したり、ピクニックしたり思い思いにすごしています。


運河沿いのパリジャン達

このエリアが注目されはじめたきっかけは「BOBO(ボボ)」と呼ばれる人たち。

日本でも、ファッション雑誌などで「パリのボボ」なんて言葉を見かけます

こうした雑誌では、「ボボ」は、パリのお洒落文化&ファッションを引っ張っているパリジャンたち」という風にとらえられているようです。

しかし不思議なことに、パリでは、私のことを「ボボ」だと言う人もときどきいるんです。

そうして実際にパリに住んでボボというものを見たり聞いたりしているうちに、日本の雑誌で定義される「お洒落なボボ」とは違った、さまざまなボボのとらえ方があることがわかってきました。


「parisien bobo」での画像検索結果。イメージはまちまちだが、なんとなくおしゃれに見える。

このなんともつかみどころのない「ボボ」。本当のところどういう人たちなんでしょう?

今回はパリに生息するボボについて、あれこれ探ってみようと思います。

運河沿いにある「CHEZ PLUNE」は、ボボたちが待ち合わせに使う定番カフェ。
晴れるとテラスは満席!

「ボボ」とは「金持ちヒッピー」のこと?

まずメジャーなフランス語辞典をひいてみると、

BOBO:bourgeois bohemian(ブルジョワーズ・ボヘミアン)の略語。不自由なく気楽に生きる人を指す。若くて教養があり、本物指向、創造的なものを愛する。1999年に生まれた英語。

(辞書le petit robertより)

と解説されています。

ブルジョワなのにボヘミアン。つまり、『金持ちヒッピー』とでもいいましょうか。

でもパリジャンにとっての「ボボ」の定義はこれだけじゃないんですってば! あまりのシンプルすぎる解説に消化不良ぎみです。

私はパリに来てフランス語を勉強し始めてからというもの、この「ボボ」の意味がいまいちつかめず、学校の先生や周りのパリジャンたちに「ボボって何?」と聞き続けてきました。

以下、私がこれまでにいろんなパリジャンたちに「ボボって何?」とたずねて、かえってきた回答です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

skybird_fazero @fungaadayo こちらはいかがですか? https://t.co/k9vKRnhiYn 約2年前 replyretweetfavorite

hiroshikatsu 皮肉っぽい。ボボなあ…日本にもいるよな、気取り屋ワナビーズ。 https://t.co/7HpfTmZTAU 4年弱前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 日本だと、ロハスとかあの辺の感じが近そうだが…、どうかな。 4年弱前 replyretweetfavorite

oguraryuji 「どうやらパリジャンがボボについて話すときは、どうもその対象を皮肉を込めてバカにしていることが多いのです」 【】” 4年弱前 replyretweetfavorite