​臆病者のための戦略的コミュニケーションのススメ

「本音がいえない」「声の大きい人に呑まれてしまう」……といった悩みを抱えている方はいませんか。実はあなたのそうした”臆病さ”は、やりたいことを実現するためには大きな強みとなるのです! 戦いベタなあなたへ明日から早速実践できる非戦の処世術とは? 「無駄な力を使わずして勝つ」ための方法論を説く、『頭に来てもアホとは戦うな!』の内容を紹介してきます。

弱虫なコオロギの強さ

今や世界中のリーダーが愛読している『孫子の兵法』。この書こそ無駄な戦いを避ける極意の集大成だ。その中に、「敵の10倍の戦力であれば、敵を包囲すべきである。5倍の戦力であれば、敵軍を攻撃せよ」とある。戦いの場では相手の5倍の力がついて初めて好戦的になってもいい。勝ち目のない戦いには臨まず、圧倒的に勝てる態勢を作って、できたら戦わずに勝つのだ。

これが実践されているのが、実は動物の世界である。彼らの世界では強い者が生き残るという考えがある。しかし、これは大きな間違いだ。正しくは、「環境に柔軟に対応する者」が生き残る。同じ種の中で身体が大きく戦闘的な者が生き残るわけではないのだ。下手に知恵がある人間より彼らの方が賢明なのかもしれない。

コオロギを使った実験で興味深いのが、臆病で戦いを避ける者が、戦闘的な者より生き残る確率が高いこと。むやみやたらに戦わず、体力を温存して、健康体を保っているものが生き残り、メスとの出会いをつかみとり、子孫を残す可能性が残されているのだ。

縄張りや異性を巡る戦いで、戦闘的で用心深さがない個体は、戦いすぎて疲弊してしまう。戦いに明け暮れ傷ついているときに、無傷でより若くより体力のある個体の挑戦を受けることになってしまうのだ。また、チンパンジーなどの高等な動物の群れでは、人間と同じようにその個体は目障りだと思われ、ほかの個体から集団リンチにあって殺される場合もある。

アグレッシブな人間が多いと思われている欧米では、過剰に戦闘的な人間の評価は芳しくない。ハリウッド映画の中で、さまざまな業界で活躍する主人公たちが激しくライバルや上司と衝突するシーンがあるが、現実では珍しい光景だから映画やドラマで取り上げて表現しているのだ。自己主張が激しすぎる人やすぐに感情的になる人は、ビジネスパーソンとして未熟という烙印を押される。

むやみに戦わないほうが、人生というサバイバルレースでいい結果を生むことがあるのは、動物の世界でも人間の世界でも一緒なのだ。

嫌な相手にこそやられたフリ

私の見てきた成功者は、皆空手より合気道である。正面からの力のぶつかり合いではなく、相手の力を使って相手のバランスを崩し、こちらの有利な体勢に持っていく。そしてお互い怪我をしないよう決着させる。

呼吸を図り、相手の力に逆らわずそれを活かすので、こちらはそんなに筋肉隆々にまで鍛える必要はない。相手がいくら巨大で強力でも、少しポイントをずらせば、こちらがコントロールできるそのコツを知っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
頭にきてもアホとは戦うな!

田村耕太郎

むやみやたらと足を引っ張ってくる人。権力を振りかざし、あなたの意見をつぶそうとする人。あなたのまわりにいるこんな人に、毎日イライラした覚えはありませんか。こんな人たちを「アホ」と定義する政治家の田村耕太郎さんがアドバイスするのは……「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TAIGA_y4 チキンな奴ほど生き残り、最終的に勝つ。 臆病者のための戦略的コミュニケーションのススメ|田村耕太郎| 6ヶ月前 replyretweetfavorite

ora109pon 臆病者のための戦略的コミュニケーションのススメ | 9ヶ月前 replyretweetfavorite

Daiki18 >嫌な相手にこそやられたフリ 私の見てきた成功者は、皆空手より合気道である。正面からの力のぶつかり合いではなく、相手の力を使って相手のバランスを崩し、こちらの有利な体勢に持っていく。そしてお互い怪我をしないよう決着させる https://t.co/owvUsOGpui 10ヶ月前 replyretweetfavorite

kotarotamura 内容チラ見せ第三回です! 4年以上前 replyretweetfavorite