祝20回!牧村の妻が質問に答えてみた

フランス人女性と国際結婚を果たした牧村朝子さんが自身の経験を振り返りながら、読者のみなさんの「性のあり方」にまつわる悩みにお答えしてきた本連載も20回を突破。今回はなんと牧村さんの配偶者である「森ガ」さんが登場。これまで牧村さんがお答えしてきたお悩みに再度答えてみてもらいました。牧村さんと奥さんの婦婦(ふうふ)漫才とあわせてお楽しみください。

「女と結婚した女だけど質問ある?」

……という、某巨大掲示板群の伝統を忠実になぞったようなタイトルのこちらの連載。新書『百合のリアル』からのダイジェストに始まり、途中から匿名フォームから寄せられたcakes読者の方のご投稿にお答えしてきた本連載、おかげさまでご好評いただき、今回で20回目を迎えることができました。ありがとうございます。

そこで記念として、今回はもうひとりの「女と結婚した女」であるところの、我が妻・森ガに登場してもらおうと思います!

森ガは、フランス・ブルゴーニュの人口100人の村出身。「そろそろカエルの卵が孵るころだから、泉にオタマジャクシを見に行こうよ!」とか素で誘ってくるようなガチすぎる森ガール、ということで「森ガ」の愛称で呼んでいます。パソコンについての質問をしたら「わからない! わたしにはキノコのことしかわからないよ!!」と半ベソ状態になっていた彼女ですが、読者の皆様のご投稿にはどう答えるのでしょうか。過去7回分の記事について、妻・森ガの意見を、私こと牧村との対話形式でご紹介してまいります!


Q1.同性愛は治るものでしょ?

森ガ「それはね、ブルゴーニュ秘伝の特効薬があるよ!」

牧村「へぇ(冷ややか)」

森ガ「うん! 作り方はね、まずスミレの花と蝶の羽を集めて火をつけて、その炎で赤銅の大釜を熱して、中に100日ちょうど生きた豚のラードをたくさん入れるの! それでね、脂が溶けるのを待つ間に、しっかりナイフを研いでおくの! 月の光の下でね!」

牧村「えっ、なんかファンタジックじゃない。魔女っぽいじゃない」

森ガ「うんうん、それでね、地下室にたくわえてあるジャガイモをとってきて、丁寧に泥を落とすんだよ。汚れが入っちゃいけないから、ていねいにね。それで、ちょうど人間の指の太さくらいに切りそろえていって……」

牧村「(ドキドキ)」

森ガ「煮えたぎるあぶらの中にジュッと入れる!」

牧村「やだ! なんかこわい!」

森ガ「うひひひ……そして、黄金色になるのを待って……」

牧村「(ん?)」

森ガ「パラリと塩を振れば完成だよ!」

牧村「フライドポテトじゃん」

森ガ「お好みでケチャップも!」

牧村「黙って」

森ガ「ブルゴーニュ出身として、ディジョンのマスタードもおすすめするよ!」

牧村「うん、そろそろ黙って」

→ 本当のところはどうなの? 元記事はこちらから


Q2.同性愛のこと、家族にどう伝えたの?

森ガ「私は日本に留学してたんだけど、フランスに里帰りした時、親に日本での写真を見せてたら、彼女との写真を抜いておくのを忘れちゃったんだよ」

牧村「へぇ、彼女って? 当時の? 元カノ? 私より美人?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

makimuuuuuu 妻・森ガは連載エッセイ第20回でも、ご投稿にお答えしてお話しています。ブルゴーニュ秘伝の謎の薬とは……? 今夜無料で読めるようにしときます◎ ▼ 3年弱前 replyretweetfavorite

ggersyon  森ガ、可愛いわー。 3年以上前 replyretweetfavorite

SoraMame_19 森ガの返答がめちゃくちゃ素敵。。私も外国人女性とお付き合いしたいなぁ~(*゚▽゚*) 3年以上前 replyretweetfavorite

akakiao  かわいかった >○-○ 3年以上前 replyretweetfavorite