第14回】支出削減の隠し技は家計簿を「つけない」こと!?

家計簿をつけているのになぜか家計がよくならない、という人は意外と多いものです。中には10年以上にわたり記入しているのに、効果がないという人も。頑張って書いているのに労力がもったいないですよね。そんな人に横山さんがすすめるのは、家計簿に効果がないならば、家計簿をつけないという選択肢で、支出削減の効果が得られることもあるかもしれません。

家計簿をつけているのに…

家計簿をつけているのに、全く貯金が増えない、と相談に来る人が結構います。その方に家計簿を見せてもらうと、10年以上きちんともれなくつけられていたりもします。それで家計状況がよくならないなんて……と思ってしまうほど。

でも、そうやって律儀に家計簿をつけている人ほど、明らかな欠点があります。それは、家計簿の目的が「家計簿を書く」ということになってしまっているのです。これでは書いた満足感はあっても、やりくり自体は変わりません。

自分の家計簿の欠点に気が付いたAさんの話

ここで私のもとに訪れたお客さんの実例を紹介したいと思います。

Aさんは10数年、きれいに家計簿をつけていました。夫と子供二人の生活をうまく切り盛りしたいと考えて記入し始めたそうです。

集計も、クレジットカードの支払いも、何から何まで本当にお手本のように家計簿を記入していました。でも、お金が貯まらない。給料の中で生活はできますが、貯金の余裕はありません。一体どうしてだろう。そんな悩みを持ち続けながら、家計簿を書いていたそうです。

話を聞いていると、予想どおりでした。いろいろな支出の金額を記入していてもその理由というか、何にどうしてお金を使ったかを把握していないのです。つまりは書いただけ。これではムダの見つけようもなく、家計が改善することもあり得ないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
家計再生コンサルタントの本音

横山光昭

家計再生コンサルタントとして過ごした15年近くの日々。ファイナンシャルプランナーとしての一面を持ち合わせながら、借金だらけの家計から、貯金を作りたい・増やしたいという家計まで幅広くサポートしてきました。その経験から、感じたこと、考えた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません