不定冠詞 a, an はなんのためにつけるんだろう?

不定冠詞 a, an も日本語にはない概念だけに、いつつけるのか、あるいはつけないのか、実に悩ましいところです。今日は、不定冠詞 a, an が、いったいどんな役割を果たしているのか解説しましょう。

先週の記事では、定冠詞 The は、「話し手と聞き手の間に共通認識がある」場合に用いられると説明しました。では、不定冠詞 a/an は、いったいどんな時に用いられるのでしょうか?

 a は中1の一番最初に出てきますよね。“This is a pen.” といった具合です。そして a や an は「ひとつ」という意味だ、というようなことを習います。ペンが1本なら “This is a pen. ”そしてペンが3本なら a がつかずに“ These are 3 pens.” というわけです。単数形と複数形の区別ですね。そのうちに定冠詞 the が出てきて、これは「その」といった感じに習うわけです。“This is the pen.” なら、「これはそのペンです。」となんて具合です。

 ここで、英語に対する最初の疑問が芽生えます。目の前にペンがあったら、いったい “This is a pen” というべきなのか、 それとも “This is the pen.” なのか……。また、目の前にペンが1本あったとして、なぜそんな自明なものをわざわざ “This is a pen.” などと言う必要があるのか?、これは教科書の例文なのだ……。自分にそう言い聞かせて、釈然としないままに、授業は先へ先へと進んで行きます。

a はいったい何のためにつけるのか?
 では、a と the の違いって、いったいなんなのでしょう? それは a が「どれでもいいからひとつ」なのに対して、the は「特定のそれ」ということなのです。説明しましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

katrina_1516 つまり「"a":どれでもいいからひとつ」と「"the":お前も知っているあれ」の違いという訳なのね…>松井博『「カゴの中にあるリンゴひとつ」なのか「冷蔵庫に入っている残りものピザ」のどちらかを伝えたいかで、先に冠詞が選ばれるんです』 https://t.co/iFKpti4IlA 4年以上前 replyretweetfavorite

Matsuhiro 無冠詞は次の次くらいにやるつもりです。@bubgtr 教育実習がThis isだった。拷問だった。個人的に無冠詞の感覚がわからない 4年以上前 replyretweetfavorite

bubgtr 教育実習がThis isだった。拷問だった。個人的に無冠詞の感覚がわからない 4年以上前 replyretweetfavorite

3rd_hole This is a pen は使ったことすらないなぁ〜 4年以上前 replyretweetfavorite