第25回】脱法ハーブ、ダメ、絶対!

ライターふたりの刺激的時事放談。今回は最近問題が大きく取り沙汰されている「脱法ハーブ」問題に切り込みます。厚生労働省が新名称を募集しはじめたように、その名前からはいまいち危険性がわかりにくい脱法ハーブ。この名前にカモフラージュされた、本当の問題点とはいったいなんでしょうか?

7月1週目の主なできごと
・野々村議員「不透明な支出」説明会見で泣き叫ぶ(7月1日)
・猪木のものまね芸人・春一番、肝硬変のため死去 享年47歳(7月3日)
・『サマージャンボ宝くじ』発売開始 雨の中400人が列をなす(7月4日)
・AKB48握手会、41日ぶりに再開 警備員を7倍に(7月5日)
・ブラジル代表ネイマール 脊椎骨折でW杯準決勝欠場へ(7月5日)

中高年の覚醒剤と、若年層の脱法ハーブ

速水健朗(以下、速水) 今回は、池袋の交通事故をきっかけに脱法ハーブ問題を。

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) あの運転手がヨダレを垂らした悪意たっぷりの映像、テレビで何回もリピートされてましたね。

速水 ざっと説明すると、容疑者は脱法ハーブを吸引して意識朦朧の状態のまま車を運転し、歩道に乗り上げて次々と人をはねて、結局中国人一人が亡くなった。これは恐ろしい事件だよ。

おぐら そして警察が来て運転手を取り押さえたところ、ヨダレを垂らして意識を失っていたという。容疑者については、まず何の仕事をしているのかも気になるんですけど、そのまえに37歳という年齢って脱法ハーブのメイン層ではないですよね? もっと若い人が手を出している印象がありますけど。

速水 ちょっと前に覚せい剤で捕まったASKAの釈放のタイミングと重なってたんだよね。それで思ったんだけど、ASKAのときには、覚せい剤での逮捕者は高齢化が進んでいるっていうのが話題になってた。つまり、「若者の覚せい剤離れ」していると(笑)*1。一方、脱法ハーブを使った池袋の交通事故の男は30代後半だったけど、若年層に偏っているっていうことが話題になっている*2
*1  ASKA容疑者、56歳の逮捕 覚醒剤犯罪の高齢化は本当?
*2 脱法ハーブ、ユーザーのほとんどが青少年

おぐら 今回の報道では、スマートフォンで池袋にある脱法ハーブを売ってる店を検索して、その場で購入、そのまま吸引っていう流れだったと言ってましたけど、それって超お手軽ですよね。それに比べると覚せい剤ってまず入手ルートが分からないし、お金もすごいかかりそうです。

速水 もちろん、若年層と中高年では収入差も関係あるだろうけど、スマホに慣れているとか、情報取得能力の差が出ている可能性はあるよね。

おぐら ネットネイティブ世代みたいな話ですね。

速水 まああと、どのネットワークに属しているかの違いも大きいだろうけど。でも、それ以前に、脱法ハーブは使う側のリスクというのが大きいように思う。脱法ハーブって、大麻に含まれるカンナビノイドに似た化学構造の物質なんかを植物にしみこませたもので、それをタバコのように吸うと幻覚作用が現れるっていうものなんだけど、なぜ簡単に取り締まれないかというと、規制をかけても似た成分の別の新製品が簡単につくれてしまうものだから、規制と新開発のいたちごっこになってしまうのね。テクノロジーの進化によって参入障壁が下がって、低コストかつイージーなビジネスになったという部分では、3Dプリンターとかの話とも似ている部分がある。

おぐら でも「合成カンナビノイド類」は2013年からすでに包括指定されて、取り締まりの対象になったんですよね。

速水 とはいっても、また別の幻覚効果のある物質を探して、似た構造の物をつくりだすといういたちごっこになっているわけ。逆に言えば、ほとんど試験もされていないような危険な物質が出回っているってことでもある。脱法ハーブの危険性って、使用して運転したらやばいっていう話もあるけど、それ以前の問題として、本人が背負うリスクが大きいんだよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PeachiChe3939st (続き)有機化学において、作れる化合物は異性体や類似品も含め無限大であるから、理系でそれ専門の警察を募ればよいのでは、と思う。|脱法ハーブ、ダメ、絶対!速水健朗 @gotanda6 /おぐらりゅうじ @oguraryuji|ケイクス https://t.co/kzpa9sTNFU 4年弱前 replyretweetfavorite

PeachiChe3939st 警察だけじゃなく、生化学の教授からも色々教わった。|| 4年弱前 replyretweetfavorite

484614449 http://t.co/8J48IRFFvn 一方、同じか、実はもっと悪質な事故につながるものが、おしゃれ感すらある「脱法ハーブ」って! この非対称性はなんとかしないと! 4年弱前 replyretweetfavorite

AileenTylor すべてのニュースは賞味期限切れである|速水健朗 @gotanda6 /おぐらりゅうじ @oguraryuji |cakes(ケイクス) EXILEから礼儀正しさを抜き取ったような人たち…わかる。お近づきになれないな、私。 https://t.co/NxUlTgHnfN 4年弱前 replyretweetfavorite