オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由-」— 印象派は「反逆」だった

マネ、モネ、セザンヌにミレー……日本で高い人気を誇る巨匠の作品が集まった「オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由-」が、東京・乃木坂にある国立新美術館で開催されています。マネの《笛を吹く少年》をはじめ、若き才能が活発に創作を展開した1860年代から80年代にかけての名品が大集結。当時の絵画の常識をぶち壊した、印象派作品の魅力をひもといていきます。

マネ、モネ、セザンヌで計27点。ほかにもミレー、コロー、ルノワール……。日本で高い人気を誇るビッグネームの作品を、よくぞこれほど大量に集めたと、すなおに感心してしまいます。東京・乃木坂にある国立新美術館ではじまった「オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由-」です。

展名のとおり、パリのオルセー美術館から、印象派の作品を中心にして、名品をごっそり運んできて並べています。作品の制作年代でいえば、主に1860年代から80年代にかけて。フランスで印象派という潮流が生まれ、若き才能が活発に創作を展開した時代です。

会場に入ってまず目につくのは、マネの作品の数々。細密な描写というわけでもないのに、魚を描いてみごとにその存在感を出している静物画などもいいのですが、やはり目立つのはこちら。《笛を吹く少年》です。発表されたころには、相当に物議をかもしたようですよ。まあ、マネの場合は、この作品にかぎらずたびたび、美術愛好家にスキャンダラスな話題を振りまいておりました。

エドゥアール・マネ 《笛を吹く少年》1866年

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hyroaky_ オルセー美術館展始まってるんだね、行きたい 約4年前 replyretweetfavorite

jeep8666 |山内宏泰|cakes(ケイクス) ◎『モネのかささぎ』大好きな絵です。良く日本に貸し出されてくるんだけど。なんでかな? https://t.co/gLDAHljedG 約4年前 replyretweetfavorite

senahatetsuya 行きたいな。 約4年前 replyretweetfavorite

rakaxa |どこより早い展覧会案内ーーアート・コンシェルジュからの便り|山内宏泰|cakes(ケイクス) ぜひ行きたい https://t.co/nWAbl34Drr 約4年前 replyretweetfavorite