恋の数だけハッピーエンドがある

ハーレクインにBLが!?

ハーレクインといえばロマンスの老舗。ロマンスといえば、ヒーローがヒロインに愛を打ち明けプロポーズするハッピーエンドが長きにわたるお約束でしたが、時代の流れとともにそんな定番も変わりつつあるようです。

【ハーレクイン豆知識:ハーレクインとBL

意外に思われるかもしれませんが、ハーレクインのエロティカ作品にはゲイカップルも登場します。中には、ヒロインの旦那様(ヒーロー)には男の恋人がいた……!というちょっと衝撃的な作品も。日本でBL(ボーイズラブ)と呼ばれているジャンルは、アメリカではM/M(Male/Male)と呼ばれるそう。ボーイズラブへの萌えは世界共通なのですね。

【作品紹介】

プレイ・ゲーム 12 シェイズ・オブ・ナイト

ケイティとディーンは同僚で友人同士。ケイティは最近出会ったジミーとの微妙な関係のことも打ち明けるし、筋金入りのゲイボーイであるディーンが、新しい男と一晩中フェラチオにふけっていたおかげで今朝の会議に遅刻してきたことも、渋々だが許している。だが、ジミーとまだセックスまで至っていないことをからかわれたとき、彼女は思わず言い返した—女を知らないあなたにはわからない、と。「女とヤラないからって、女をイカせられないわけじゃない」ディーンも応酬し、宣言した。「僕が君をイカせてやるよ」思いがけない挑戦を受け、ケイティは期待に震えた。男しか愛さない美しいディーンの、魅力とワザを一身に受けることを想像して。


いつまでもこんなことをしていたって、何も始まらないわ。ケイティは自分に腹が立ってきた。私のこと、どう思ってるの、と彼に訊きたい。私はあなたが電話で話してくれる物語の登場人物と同じ、あなたの心の中の住人にすぎないのかしら、と。あなたの声を聞いていると自然に笑みがこぼれてくるの、と彼に伝えたい。もっとあなたと親しくなりたい、と打ち明けたかった。

ジミーが彼女の肩越しにカウンターへ目をやった。

「コーヒーのお代わりをもらってくるよ。君は?」

ケイティは首を振った。

「ううん、私はいいわ」

脇を通り過ぎるとき、またしてもジミーが彼女に触れた。肩に手を置き、ほんの一瞬、指で彼女の肩をつまんだ。その瞬間、張り詰めていたケイティの感情の糸がぷつんと切れた。 無意識のうちに立ち上がり、ケイティは後ろも振り返らず店を飛び出した。吹き荒れる風が目にしみる。泣いてるわけじゃないわ、と自分に言い聞かせ、ヒールの音を響かせて歩道を歩いた。 ジミーが追いかけてきたのは、細い路地に差しかかろうとしたときだった。

「ケイティ!」

ジミーは彼女の肘をつかみ、名前を呼ばれてはっとなったケイティを振り向かせた。彼はつかんだ肘を離そうとしなかった。

「おい。待ってくれよ」

やめて、と言おうと口を開いた。それとも、無言で立ち去ろうとしたのだろうか。自分でもよくわからないうちに、ジミーに唇をふさがれた。口を開き、むさぼるように彼女の唇を吸いながら、彼は両手を彼女の腰に回すとぐっと抱き寄せた。ジミーの唇は想像していた以上にすてきだった。キスはますます激しく、彼女を抱いた腕の力はますます強くなる。 唇を離したとき、ジミーは肩を大きく上下させ、息を弾ませていた。探るようにケイティの瞳を覗きこむ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋の数だけハッピーエンドがある

ハーレクイン・ロマンス

数々の恋愛小説を世に送り出し、女性たちに癒やしを届けてきたハーレクイン・ロマンス。なんと、これまでに出した全ての小説は必ずハッピーエンドを迎えるのだとか。今回はそんなハーレクインの日本上陸35周年を記念して、人気の35作品の見どころを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ooga4 調べてみたらやっぱりBL版 3年以上前 replyretweetfavorite

mrmlmary …BLじゃねーよ、こんなモン。あー、あれだな、BLって読んだことないけど、BLって単語を使ってみたかった的な。 4年弱前 replyretweetfavorite

MoonHwangstar   ハーレークインにもBLがあとか、もう、世界中に溢れてんなぁ~(*´Д`)ハァハァ 4年弱前 replyretweetfavorite

akakiao  んー、これはBLじゃないなあ(渋 >○-○ 4年弱前 replyretweetfavorite