牛込の加寿子荘

牛込の加寿子荘」 第十一回

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説! (『少年タケシ』2011年8月更新分より)

以前にあぶらいれを探しにいったけどいまいち好みのものがなく、まだきちんと物を買ったことのなかった通寺町の荒物屋にいって、お風呂のイスを買った。


加寿子荘二階奥の風呂場には、入居当時に新品の木製スノコとイスが備わっていましたが、イスが三年の使用を経て劣化し、腐ったのかかびたのか、真っ黒になっていたのだ。
荒物屋の主人は、荒物屋にふさわしく、荒かった。いろいろと。
お店の中には、おそらく百歳近い、主人のお母さまと思われるひとも腰かけていて、しっかりとお客さんを相手している。彼女は、弱々しいけど芯のある声をしていて、牛込にふさわしいとおもう。
しかし主人はそれを邪険にして、「いいよいいよ!何もしないで奥にいろよ!あぁもうそれもオレがやるからよ!あーあーもう全くうるっせえなあこの音楽は止めろっつうの」と、むかむかの矛先が母やら商店街の音楽やらいろんなところに向きますが、お客さんに接するときはくるりといいおっちゃんに裏返ります。背が小さめで重心の低いどっしりとした体格で、だいぶはげあがった頭とたれ目に愛嬌があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少年タケシ

この連載について

初回を読む
牛込の加寿子荘

能町みね子

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード