恋の数だけハッピーエンドがある

ワンマン社長を誘惑するのは?

「オフィスラブ」ときいて、平凡な恋物語を想像してはいけません! ハーレクインの「オフィスラブ」はスリルやセクシーさがケタ違い。オフィスでの恋のお相手はもちろん「社長」です。社長と恋に落ちる、ラッキーなヒロインの役職とは……?

【ハーレクイン豆知識:ボス秘書もの】

オフィスが舞台のいわゆる“オフィスラブもの”ですが、ハーレクインでは“ボス秘書もの”と呼ばれています。というのもオフィスが舞台の場合、ヒーローが社長でヒロインが秘書の場合ばかりだから。そう、ここで言うボスとは、ただの上司ではなく社長のことなのです。 日本のオフィスラブものでよく見られる同僚同士でのラブストーリーがない点はさすがハーレクイン!といったところでしょうか。

business people
business people / AGmakonts

【作品紹介】

ボスと秘書の誘惑ゲーム

ベスは双子の妹の頼みに驚愕した。妹は実業家マーコスの秘書として高給を得ているが、社内不倫のあげく妊娠したうえ、 出産が終わるまでベスに身代わりを務めてほしいというのだ。 話を聞くかぎり、マーコスは社内恋愛すら許さないワンマンな社長だ。 とはいえ、ただ一人の妹のためにできるだけのことはしてあげたい。 妹になりすましたベスは、緊張しながら出勤した。 そして初めてボスであるマーコスと対面し、息が止まりそうになった。 傲慢さをにじませながらも、荒削りさがセクシーな男性。 ぼうっと立ちつくすベスは、そのときは想像すらしなかった— マーコスと恋に落ち、運命の皮肉さを思い知らされることになるとは。


 マーコスは肉食動物のようなほほえみをゆったりと浮かべた。


「そんなに眠そうには見えないが」

「そうですか?」

 もちろん、そうよね。顔が真っ赤なんだもの。どんなふうに見えるかは自分でもわかっている。興奮しているように見えるのよ。 そしてたしかに、ベスは興奮していた。心臓が早鐘を打ち、たとえ指一本でもまた触れられたら、欲望が暴走してしまう。 デイヴィッドと一緒にいるとき、ローラもこんなふうに感じたのかしら、とベスは思った。たとえ会社の規則を破ってもローラが彼と結ばれずにいられなかった理由が、いま初めて理解できた気がする。

 ベスはふいに自分を見失い、パニックの波に襲われた。マーコスに感じているものが単なる欲望ではないと気づいたからだ。それはもっと深いもの……私は彼に恋している。すべての信条、理性の忠告を無視して、彼に恋をしてしまった! ベスは目を大きく見開き、マーコスを見つめた。まるで激流に運ばれていく流木のように、なすすべもなく身を任せるしかないのだろうか。

「お願い」

ベスはささやいた。

「もう行って」

「行かなかったら、どうする?」

マーコスはベスに近づき、片手で彼女のうなじをゆっくりとなでた。

「恋愛に関する会社の規則を忘れたんですか?」

しかし、マーコスはまったく動じない。

「会社は僕のものだ。ルールは僕が決める」

かすれた声でそう言うと、もう一方の手でベスの顔を上に向け、まぶたにそっとキスをした。ただそれだけで、ベスの体に電流のような甘い衝撃が走る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋の数だけハッピーエンドがある

ハーレクイン・ロマンス

数々の恋愛小説を世に送り出し、女性たちに癒やしを届けてきたハーレクイン・ロマンス。なんと、これまでに出した全ての小説は必ずハッピーエンドを迎えるのだとか。今回はそんなハーレクインの日本上陸35周年を記念して、人気の35作品の見どころを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません