日本に欠けている何か大切なもの〜マレーシア旅行記パート2

今なお高い出生率を維持し、経済成長を続けるマレーシア。一方で少子高齢化も、デフレも年金問題も解決できない日本。いったいマレーシアにあって日本に欠けているものは何なのでしょうか?

前回の記事で、マレーシア人はろくに働かないのに経済成長率が日本の3倍以上だという話を書いた。一方、誰もが一生懸命に働く国、日本では、多くの人が精神を病み、世界でも突出して自殺の多い国となっている。マレーシアの自殺率は日本のわずか24分の1で、世界的な水準とくらべてもなお少ない。いったいこれは、どういうわけなんだろうか?

 もちろん、マレーシアにはマレーシアなりの問題がある。

 たとえば、頭脳流出が叫ばれてもうずいぶんになる。何しろマレー人優遇政策なんていう信じがたい政策があるのだ。特定の人種が法律に基づいて優遇されるなんてことが許されるのだろうか? 中華系やインド系の優秀な若者が海外に出ていってしまうのは、この政策が原因と言われている。マレーシアが途上国でいられる時間は、もう残り少ない。先進国の真似をどこかで脱却しなければならない時期が来る。だから、頭脳流出はなんとしても止めなければならない。

 だが、頭脳流出問題を未解決のまま置いておいても、マレーシアの未来は決して暗いものではない。この国の出生率はまだ2.0前後で、微弱ながらも人口が増え続けているのだ。シンガポールも香港も中国も韓国も、実は日本よりも出生率が低い。ところがマレーシアだけは、まだまだ高い水準を保っている。


1975年から2012年までのアジア諸国の出生率の推移 マレーシアは高い水準を維持している

なぜマレー人の人口が増えるのか?
 マレーシアは、主にマレー人、中華系、インド系の3つの人種からなる。中華系とインド系の人口は伸び悩んでいるが、マレー系の人口だけはずっと増え続けている。なぜマレー人だけ人口が増えているのか。ふたたび在マレーシア16年のN氏に尋ねてみた。


マレー系の出生率は、他の民族に比べずっと高い

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hal_31 ロンドンも色んな国・人種の人が、色んな言葉・英語を喋っていて、生活してる。私が日本人なのを気にするのは日本人と私自身だけ。→今の 4年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi どうしたらいいんすかね(^^;...>> "人々の意識を変えるっていったいどうしたらいいのだろうか?" 松井博|cakes http://t.co/0H5d3MxjAJ 4年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi "日本の少子化を軌道修正するのは、そうとう難しいのかもしれない。今更「婚前交渉禁止!」なんて法律を作るわけにもいかないし、大学進学率を下げろというわけにも行かない。" 松井博|cakes http://t.co/0H5d3MxjAJ 4年弱前 replyretweetfavorite

ko_kishi "どの問題点も、僕が若い頃からずっと声高に叫ばれているのに、何も改善しないままに30年ほどが過ぎようとしている。日本の問題はこうした個々の問題にあるのではなく、「変われない」という根っこの部分にあるのだ。" 松井博 http://t.co/0H5d3MxjAJ 4年弱前 replyretweetfavorite