​「必ずダメになる人」の“たった1つ”の特徴

誰もが必ずしも一度は「成功したい」「もっと上へ行きたい!」と思うもの。しかしながら、その一方で、成長がとまり、期待外れに終わってしまう人も多くいます。そんな中、田村さんは実業界や政界で一見うまくいっているような人の中でも、「落ちてしまう」人には1つの共通点があることを見つけました。そしてなんと田村さん自身もその特徴に当てはまっていたそう。あなたは特徴、何だと思いますか……?

何が人を成功から遠ざけるのか?

政界でも実業界でも「ダメになるだろうな」という人には共通点がある。これはかくいう私自身のことでもある。

まず、成功する人の共通の特性は、常に「自分を見失わない」ところだ。一方失敗をする人の共通点とは「自分を見失う」ことにある。

そして、この「自分を見失わせるもの」こそが“無駄なプライド”だ。舞い上がって妙なプライドを身にまとっている人は、それを通して物事を見てしまうから、自分が見えなくなる。

本来であれば、等身大の自分を知り、その上で達成しようと思うものを持つのが正しい目標設定だ。たとえ成功途上でも、等身大の自分と、目標に比しての自分の到達点を見失わなければ、成功を続けられる。ところが、少し成功してしまったりすると、たちまち妙なプライドが自分の視野に入ってきて、等身大の自分を見る姿勢を邪魔してしまう。そこで多くの人が、自分や自分の目標を見失い落ちていく。

妙なプライドを持っている人は、どこかでちょっとした成功体験を持っている場合がほとんどだ。成功体験があるからプライドを持ってしまう。そこでつけてしまったプライドが、等身大の自分を見続けることを邪魔しているのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
頭にきてもアホとは戦うな!

田村耕太郎

むやみやたらと足を引っ張ってくる人。権力を振りかざし、あなたの意見をつぶそうとする人。あなたのまわりにいるこんな人に、毎日イライラした覚えはありませんか。こんな人たちを「アホ」と定義する政治家の田村耕太郎さんがアドバイスするのは……「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

trainer_sapporo 約2年前の記事です。今、初めて見ました。このコラム。我がふり直す際の目安になります。 2年弱前 replyretweetfavorite

wop_528 気をつけよ 3年以上前 replyretweetfavorite

y_takeuchi_ あの人が上手く行った方法が必ず自分と合うとは限らない。 冷静に選択と集中。 参考になります。 @kotarotamura: 必ずダメになる人の“たった1つ”の特徴。 頭にきてもアホとは戦うな! 田村耕太郎|cakes(ケイクス) https://t.co/BzfiURRaoz 3年以上前 replyretweetfavorite

kotarotamura コラムの最新アップしました! 3年以上前 replyretweetfavorite