結局、奇跡は起こりませんでした。

「努力なんて意味がない」――仕事に勉強に、そして恋愛ですら、「努力」が嫌いと思っていませんか? 父に捨てられ、子に先立たれ、妻とは別離……絶望から、 何度も何度も生還し、正しい努力で乗り越えてきた弁護士・増田英次は、運命すら自力で変えてきました。私たちは、何のために努力するのでしょうか? 成功しなかったり、結果が出なければ、努力には意味がないのでしょうか?
かんき出版より発売した増田さんの新刊 『人生が変わる 正しい努力の法則』より、一部を公開します。

そもそも何のために努力をするのか?

今から16年前の1998年4月、(当時の)国立小児病院の桜が満開で、桜吹雪が舞い散る中、一つの小さな、か弱い命が消えた瞬間でした。

努力に何の意味があるのか……。

このときほど、努力することの意味について考えさせられたことはありませんでした。

私の最初の長男は、極度の重度障がい児としてこの世に生まれてきました。
彼が誕生してから3年10 カ月の間、彼が健常者になることはかなわないとしても、せめて、病院から出て外泊ができ、ときには親子で過ごせる日が来てほしいというささやかな希望を抱きながら、妻が中心となって、私たちはあらゆる挑戦をしてきました。

でも、結局、奇跡は起こらなかったのです。
何一つ、願いはかないませんでした。
周りの人から見れば、私たちの努力は、すべて水泡に帰したのでした。
そもそも医学的・客観的に見れば、彼が私たちに意識を持って接してくれるようになることなど、ほぼ100%あり得ないことは、医師の説明や自分自身で調べた文献からも明らかでした。
にもかかわらず私たちは前向きに、そして挑戦し続けたのですが、このことに、どれだけの意味があったのでしょうか?

弁護士としての活動の傍ら、写真家としても活躍中。書籍に掲載している著者が撮影した写真を掲載します。

成果がほぼ期待できないことに対して努力を続けることは、今はやりのグローバル・エリート流のタイムマネジメントから見れば、「究極の時間の無駄遣い」でしかありません。
意識もなく、昏睡している状態に近い彼に毎日、面会に行くことに、どんな意味があったのでしょうか?
かりに「人生に無駄なことなど一つもない」としても、どうしてこんな理不尽で過酷なことに、息子や私たちが耐え続けなければならないのでしょう。

「どうして、私たちがこんな目に……」

彼が少しでもよくなるために、「何でもやる」と思う一方で、私は、このような葛藤を抱えていました。20年近く前のことです。しかし、20年経った今だからこそ、言えることがあります。それは、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
努力は報われない病」にかかる日本人

増田英次

イェール大学、コロンビア大学のロースクールで学び、現在はコンプライアンスの第一人者として活躍する弁護士の増田英次。華麗な経歴の裏で、壮絶な人生を歩んでいました。中学時代に父親の会社が倒産、高校時代に難病にかかり、大学入学と同時に1年休...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith 「真に欲しない限り、魂に火がつかない限り、努力は決して実を結ばない」 「魂を揺さぶるような強烈な想いによる目標設定なくして、努力は意味をなさない」  https://t.co/tTRcj0mLwB 4年以上前 replyretweetfavorite

y_izm グッとくる記事…何か今の自分的にも。 「努力は報われない病」にかかる日本人 増田英次 より 「」 https://t.co/MJZqvYueY2 4年以上前 replyretweetfavorite