シンプル」であり続けること

「シンプルにする」ことの大切さを、頭ではわかっているという人は多い。しかし、実践できる人は驚くほど少ないものだ。ソニーの「VAIO」事業を成功させた勝因もそこにあった。
ものごとは放っておけばみるみるうちに複雑になる。だからこそ、勇気を出して「捨てて」いかなければならない。

PHPビジネス新書『成功体験はいらない』より、一部を公開します。

シンプルであることにこだわりつづけたのがスティーブ・ジョブズ

「心の澱を取り去る」「過去の成功体験を捨てる」とは、本質のみを浮き上がらせることである。別の言葉でいえば、余計なものを捨て去って「シンプル」にするということだ。

 この「シンプル」ということに徹底的にこだわったのが、アップル創業者であるスティーブ・ジョブズ氏だ。『Think Simple』(ケン・シーガル著、NHK出版)という本のなかに、ある印象深い話が書かれている。
 アップルが販売しているノートパソコンは、MacBook Air とMacBook Pro の二種類。それぞれディスプレイの大きさやCPU、メモリ容量などが異なるモデルが数種類、販売されてはいるが、基本的にはユーザーはMacBook Air とMacBook Proのどちらにするかという視点で選べばいい。
 一方、『Think Simple』によると、二〇一一年十一月時点で、HP(ヒューレット・パッカード)のノートパソコンのラインナップは、三三種類以上、デルは一八種類だったという。これらの商品はそれぞれ特徴が重なっている部分が多く、自社の販売員ですら各モデルの違いを顧客に明確に説明できなかったという。
 ではユーザーが、アップルの商品戦略とHPやデルの商品戦略のどちらを支持しているか。答えは言うまでもないだろう。

 シンプルさの追求を怠っているのは、日本の家電メーカーも同じである。テレビにしてもパソコンにしても、やたらとたくさんのモデルをつくりつづけている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
成功体験はいらない

辻野晃一郎

グーグル、アップル、アマゾン。圧倒的な意思決定のスピードはどこから生まれてくるのか? ソニーを経てグーグル日本法人社長を務めた著者は、「しがらみを捨てると世界の変化が見える」と指摘します。 新しいビジネスルールの見取り図と、そこで生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tamaten_ シンプルにするのはなかなか難しい。既存のリーダーではなく、新しい人を登用した方が容易に実行できる。 2年以上前 replyretweetfavorite