英語勉強法あれこれ

第22回】TOEIC満点! カリスマ講師が授ける攻略法 そのⅠ

英語力を測る上で、ビジネスマンならTOEIC、学生ならTOEFLが有効だ。こうした検定の活用方法や、効率的な勉強法を伝授しよう。


TOEICは、リスニングとリーディングの力を問うテスト。試験時間はリスニング約45分、リーディング75分。各100問で、最高点は990点です。対象にしているのは、英語圏で仕事をするときに、職場やレストラン、ホテルで日常的に“使える”英語です。

かんざき・まさや/TOEIC テスト990点、TOEIC スピーキングテスト200点、
TOEICライティングテスト200点(4技能合計1390点)。『神崎正哉のはじめての新TOEIC TEST完全総合対策』など著書多数。

 文法は、中学校英語で9割はカバーできます。語彙は中学校で習う単語の約1000語に、プラス1000語を覚えて2000語(派生語も含めて約3000語)。それでTOEICが問う単語はほとんどカバーできます。TOEICを分析して頻出英語を集めた単語帳が多く発行されているので、それを1冊丸ごと覚えましょう。

 TOEICのために勉強して高い点を取ることは、効率よく英語の実力をつける道でもあるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
英語勉強法あれこれ

週刊ダイヤモンド

巷にあふれる数多くの英語学習法。読む、聞く、書く、話す…中学英語からでも再スタートできるようレベル別英語力アップ術を数回に渡って紹介していく。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません