劇薬映画『渇き。』を観た17歳のカルテ【後編】

暴力、殺人、ドラッグ、性犯罪など過激な描写のオンパレードでありながら、R-15指定となった劇薬映画『渇き。』を、十代の少年・少女たちは果たしてどう受け止めるのか。鑑賞直後の高校生に率直な感想を聞きました。やはり、刺激が強すぎたという声もありつつ、加奈子の本質に迫る懐の深い意見を聞けました。

寺嶋啓介さんの症状


寺嶋啓介(高校2年生)

— 率直に映画の感想はいかがでしたか?

寺嶋啓介(以下、寺島) 思ったよりグロかったです。R-15にしてはつらかった。でも観終わった後は興奮が止まらなかったです。

— 刺激が強かった?

寺嶋 そうですね。いや……暴力シーン多かったですよね。あらすじも調べずに観たんですけど、正直びっくりしました。

— しばらく現実に戻れなかった?

寺嶋 あー、たしかに。映画のことばっかり考えてましたね。

— 印象に残ったシーンは?

寺嶋 やっぱり、ボク(清水尋也)が変わったところですね。そこが一番びっくりしました。

— それはどうしてですか?

寺嶋 なんていうんだろう……、こっからこうなるかっていう。まだまだ先が読めないな、みたいな。

— つらかったシーンは?

寺嶋 えっと……、(ある登場人物が)バッグに詰められ拷問されてたとこあったじゃないですか。あれはキツかったですね。

— あれはすごいですよね。目を覆ったり?

寺嶋 目、つむりました。さすがにやばいと思って……。

— そうですよね。自分も3回目つむりました(笑)。

寺嶋 ……あれが一番グロかったですね。

— 逆に、ここがよかったというシーンは?

寺嶋 雪の中のシーンですね。父親(役所広司)が、自分で加奈子(小松菜奈)を探し始めたところですかね。あそこはよかったです。

— どうして?

寺嶋 あそこまでまさか自分で探すとは思ってなくて。意外といい人……いや、いい人とも言えないですけどね。まあでも、よかったですね。バッドエンドすぎなくて。

— 加奈子(小松菜奈)のことはどう思いましたか?

寺嶋 人の気持ちの奥をわかってたりとか、すごかったですね。それがかなり怖い感じでした。

— もし加奈子に出会ってしまったら?

寺嶋 かわいいですし、みんなが惹かれる気持ちはわかります。気持ちが読まれそうですね。こう……、めちゃくちゃにされるかな。その前に逃げるかもしれないですけど。

— お父さん(役所広司)はどうでした?

寺嶋 娘(小松菜奈)と似てるんだなって思いました、似ちゃったっていう感じですけど。嫌いじゃないです。かっこよかったです、正直。

— どういうところが?

寺嶋 役柄の狂いっぷりはまあ、ちょっとアレですけど。最初っから加奈子を探すためだけにいろいろやってたんで、ろくでなしだけど意外と娘思いだなと。

— こういう壊れてしまった家族はどう思いましたか?

寺嶋 ダメですよね、やっぱり。直したほうがいい。親の愛を受けれてなかったっていう話ですけど、俺からしたらそんなのなかったんで。

— 狂った大人がいっぱい出てくるけど、彼らは理解できましたか?

寺嶋 んー、オダギリジョー(が出てくる展開)はいきなり過ぎてよくわかんなかったです。

— (あらすじの説明、ネタバレにて割愛)

寺嶋 あー、なるほど。ちょっと(展開が)飛びすぎてて。橋本愛はよかったです。演技もよかったし。他に共感できたのはボクくらい。かわいそうだって。それ以外は結構いっちゃってましたね。

— 暴力、薬物、性犯罪など、いろいろ刺激的なものが出てきましたが、リアリティは感じられましたか?

寺嶋 身近にいじめで死んだ子もいないし、自分はこういうのは見たこともないんで……。薬も、あとで楽しくないと思うんでやめた方がいいですよね。ここまでっていうのはさすがにちょっとかわいそうだなと思いました。

— 正直なところ、映画『渇き。』を友だちには薦めますか?

寺嶋 ああ、やっぱ一応薦めますね。

— それはどうして?

寺嶋 うーん、グロいのが観れないやつもいるんで、それが大丈夫だったらですけど。こういう現実がどこかにあるっていうことをわかっておいた方が良いと思います。やっぱいじめとか薬物とか。警察とか裏でこんなことしてる、とか。あと、橋本愛がかわいいし。


鈴木春菜さんの症状


鈴木春菜(高校2年生)

— 率直に映画の感想はいかがでしたか?

鈴木春菜(以下、鈴木 すごく凄惨なというか、想像以上……ですね。目を背けたくなるんですけど、目が離せなかったです。おもしろいっていうのとちょっと違うかな。う〜ん、刺さる映画ですね。

— 単純におもしろいとはいえない?

鈴木 そうですね。なんか、何が正しいのかわかりづらくなりました。狂いすぎてて、狂っていないものがわからなくなっていくような感じはありました。

— 印象的な場面は?

鈴木 加奈子(小松菜奈)の笑っているシーンですかね。ベッドの上でずっと笑い続けていたところとか。

— 加奈子のことはどう思いましたか?

鈴木 まあ一種の女子高生の理想ですよね。「ここが夢の中だったら何をしてもいい」っていうようなことを加奈子は言ってましたよね。普通できないじゃないですか、はじけるって。だから、どこでも自由にはじけていた彼女に憧れを持つっていうのはわかります。そういう意味では、加奈子に憧れていて死んだ女の子も夢見たまんまかもしれないですよね。だから、あんまり悪魔とも思えないですね。

— 理想というと?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
劇薬映画『渇き。』の処方箋

cakes編集部

非道のロクデナシが、謎の失踪をとげた娘の行方を追う――容赦のない暴力描写と入り組んだ構成のため、映像化不可能と言われた問題作が映画化されました。 cakesでは、本日6月27日公開の映画『渇き。』を総力特集。暴力とエンターテイメント...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tachimiya 有料会員でないので続きが読めないのが惜しい……。 4年弱前 replyretweetfavorite

shintaros 劇薬映画『渇き。』を観た17歳のカルテ(※ネタバレあり) 【前編】 https://t.co/nptMRLKPPr 【後編】 https://t.co/ngSNiAagHf 約4年前 replyretweetfavorite