​「嫌い」と「嫉妬」

bar bossaの店主・林伸次さんのコラム、今回は「嫌い」と「嫉妬」について。最近、ネット上では気軽に「○○が嫌い」という言葉を投稿されることが多いです。誰もが嫌でも抱えてしまうネガティブな感情ですが、少し前向きになれる林さん流の受け止め方があるそうです。

「嫌い」という感情は2種類に分けられる

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

最近、インターネットが世の中に浸透してきて気になるのは、「嫌い」という感情が簡単に表現されたり発信されたりしていることです。

TwitterでFacebookで、本当にちょっとしたことで、「こいつ嫌いだ」と発信されていますよね。みんな本当に「嫌い」という感情を日々感じているんだな、とインターネットを眺めていると感じます。

ところであなたは誰かをひどく嫌いになったことはありますか? 人間だから当然ありますよね。

仕事上の付き合いのある人、あるいはちょっとしたことで仲違いすることになった友人、はたまた「この人が出てきたらとにかくテレビのチャンネルを変えたくなる」なんてタイプの有名人。色んな種類の人を嫌いになったことがあると思います。

そんな嫌いという感情、どうして心の中に浮かび上がってくるのでしょうか。

僕も思春期の頃、みなさんと同じように色々と人間関係で悩んだことがありました。それで、なんとかできないかと思って、たくさんの「心理学」や「精神分析」のような本を読みました。

そしてある時、本でこんな説を知り、それからはこの説を採用することにしています。それはこういう説です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MiUKi_None あーこれは分かるなぁ!Twitterでぐちゃぐちゃ粘着して悪口書いてくる人も、願望憎悪か同族嫌悪なんだなーこの人、自分と似てるんだな、って思うと気にならなくなるよね。 3年以上前 replyretweetfavorite

akitect 怖い人、腹の立つ人はいるけど嫌いな人いないな。 「嫌い」と「嫉妬」| 4年弱前 replyretweetfavorite

hitsujilabo なるほどためになります。 http://t.co/JWZ1rfyKBI 4年弱前 replyretweetfavorite

jun_nkm 自分のちょっとした感情を軸にして、自分のことを見つめてみるって面白いですね。 4年弱前 replyretweetfavorite