ご冗談でしょう、ファインマンさん( リチャード P. ファインマン)

今の時代だからこそ読むべき、色褪せない名著を紹介する連載「新しい「古典」を読む」。8回目は天才物理学者の半生を描いた『ご冗談でしょう、ファインマンさん』。”天才”で”変態”のファインマンの破天荒なエピソードが盛りだくさんの本書を、finalventさんはどう読んだのか。そこから我々はなにを学ぶべきなのか。ぜひご一読ください。

 超一流の学者はその研究以外でもおもしろいものだ。なかでも物理学者ファインマンはずば抜けておもしろい。その破天荒とも言える数々のエピソードは1985年に出版された『ご冗談でしょう、ファインマンさん』(上下巻・岩波現代文庫)にまとめられ、読み継がれている。しかし日本で彼が有名になったのはそれ以前のことだ。

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

 東京オリンピックの翌年、1965年(昭和40年)、朝永振一郎が日本人として二番目のノーベル賞の栄誉に輝いた。湯川秀樹が日本人初の受賞をしたのは1949年なので16年ものブランクがあったが、またも物理学賞という科学の分野だったので、技術立国を目指す当時の日本は喜びに沸いた。8歳の科学少年だった私も華やぐ空気を覚えている。このノーベル賞を朝永と共同受賞したのがリチャード・P・ファインマン(Richard Phillips Feynman)である。偉い物理学者だということで日本の社会にその名が知られるようになった。

 さらにさかのぼる。戦後、時を置かず国際的なレベルに達した日本の物理学会では、すでにファインマンは天才だが変人だとしてよく知られた伝説の人だった。そのようすも自伝的な逸話集とも言える本書に描かれている。

 日本が独立した翌年の1953年のこと。日本で開催された国際理論物理学会議にファインマンは出席した。彼は本書で「今度の会議は戦後日本の再起を告げる息吹のようなものだったから、みんなで行ってその立ち上がりを助けたいという気持ちが盛り上がっていた」と語っている。そうでなくても日本を神秘的な国だと思っていた彼は用意万端、日本語まで勉強していた。だが、日本に着いてホテルの会食のメニューを見ると、残念、英語である。

 せっかくあれだけ苦労して日本語を勉強したというのに、これでは気がすまない。そこで夕食も終わりに近づいた頃、僕はウェイトレスに「コーヒーヲモッテキテクダサイ」と日本語で言ってみた。すると彼女はおじぎをして出て行った。
 僕の友だちのマルシャックは聞き流していたが、はっと気がついて、「おい何だ、今のは?」
「僕は日本語をしゃべるんだぞ」と答えると、
「ええ、ほんとうか?君はいつもその手で人をかつぐんだからな。」

 友人の反応は正しい。なぜならファインマンはいつも冗談で人をかついでいたからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新しい「古典」を読む

finalvent

「極東ブログ」で知られるブロガーのfinalventさん。時事問題や、料理のレシピなどジャンルを問わない様々な記事を書かれているが、その中でもとりわけ人気が高いのが書評記事。本連載は、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード