塩村議員へのヤジを「から騒ぎ」で終わらせたいオッサンたち

今回の「ワダアキ考」で取り上げるのは、東京都議会で起こったセクハラやじ問題。強引に幕引きを図ろうとする議会に対し、いまだに非難の声が上がっています。と、同時に聞こえてくるのが、やじを受けた側の塩村文夏議員への批判。「セクハラやじ」を受けた側が、なぜ責められるのか。そして、この一連の騒動の本当の問題はなにか。改めて考えてみましょう。

「最後は金目でしょ」と「最後まで金玉でしょ」

驚くべきことに昨今のオジサマ週刊誌には「死ぬまでセックス」や「妻を家庭内『風俗嬢』にしよう」といった見出しが躍っており、「最後は金目でしょ」とうわ言を吐けるオジサマの心根というものは「最後まで金玉でしょ」に支えられているのだと邪推せざるを得ません。

東京都議会での塩村文夏議員に対する最たる暴言は、「早く結婚した方がいいんじゃないか」との鈴木章浩議員の発言……ではなく、その釈明会見での「本当にしたくても結婚がなかなかできない方への配慮が足りなかった」にある。女性が結婚をしない・出産をしない、という選択肢を持つこと自体、彼らの頭にはまだまだ用意されていないご様子。塩村議員のような女性は、押し並べて「結婚したくてもできないなう」だと片付けているのだ。録音した音声を分析したところ、鈴木議員の他にも「自分が産んでから」「いやー先生の努力次第」「やる気があればできる」とのヤジが確認できたそうで、これらの全てが鈴木議員の言う「結婚したくてもできない」女性像が前提となっていることがわかる。「やる気があればできる」だなんて、まさに「死ぬまでセックス」の心意気がビンビンだ。

目立つオンナを駆除するためのオッサンの言質

オレたち選ばれしオトコの世界に土足で来やがった目立ちたがりのオンナに逆襲する場を提供しているのが週刊誌で、塩村議員に対して『週刊新潮』は「元彼から慰謝料1500万円!不倫報道!複数の婚約者!」とビックリマーク連発でテンションを押し売りしてきたし、『週刊文春』は「涙のヒロイン 塩村文夏『華麗なる履歴』」とあら探しに勤しんだ。

元「週刊文春」編集長で現在『WiLL』編集長の花田紀凱氏は「あの程度のヤジで涙を浮かべているようでは都議会議員だってつとまるまい」「ヤジとしては、ま、ユーモアがあっていいではないか」「鈴木議員、慰謝料などとられないよう、十分気をつけた方がいい」(Yahoo!個人)と、若いオネエチャンの戯れ言に付き合う必要なんてないよと、せせら笑うスタンスをばらまいた。目立つオンナを駆除するためオッサンの言質が、いつもと同じ論法であちこちから漏れてきた。

居座れる都議会と違って、「恋のから騒ぎ」の席は保証されていなかった
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ayupot ゲスな週刊誌の煽り広告見てると、つくづく日本は男中心で回ってんだなと思う。週刊誌には女性は働いてないのかね? 3年以上前 replyretweetfavorite

matomotei 1件のコメント http://t.co/Xi3htBQ7S4 3年以上前 replyretweetfavorite

matomotei 1件のコメント http://t.co/Xi3htBQ7S4 3年以上前 replyretweetfavorite