vol.1 気づいたらごく自然に撮りあっていた

写真家の喜多村みかさんと渡邊有紀さんが互いを被写体として撮りあう作品「TWO SIGHTS PAST」。ふたりは同じ大学で次第に仲良くなり、ごく自然にお互いを撮り合っていたそうです。「TWO SIGHTS PAST」で掲載されている写真は、時期がバラバラだったり一緒だったりとさまざま。それは、どういう理由からなのでしょうか。(構成・山内宏泰


©喜多村みか・渡邊有紀

最初は作品にするつもりはなかった

— お互いの写真をとりあう作品シリーズ「TWO SIGHTS PAST」、cakesでの連載がいよいよ150回を突破しましたね。ものすごい写真の量ですが、いったいいつごろ撮り始めたんですか?

喜多村みか(以下、喜多村) 大学で一緒だったのですが、仲良くなりはじめたのが2年生の終わりくらいでしょうか。

渡邊有紀(以下、渡邊) 春休みに、いっしょにバイトしたりしてだんだん仲良くなったよね。選挙の投票所の仕事とかやっていました。私語厳禁でつらかったのを覚えてる(笑)。

喜多村 この写真とか、大学3年生くらいのものだと思うんですけど、これが本当にはじめのころだよね。

渡邊 あ、むかし撮っていた写真のブック、持ってきてくれたんだね。これは、みかの家で撮った写真ですね。こっちは、新宿ルミネのなかにあったジュース屋さんで。この店はもうなくなったけど、みかは、今とあんまり変わってない気がする。

喜多村 そうかな? 今よりも顔がツンとしてる気がするけど。それにしてもあちこち行って撮ってる。やっぱり学生時代は時間があったんだね。

渡邊 よく旅行したよね。

— たしかに、ここまでの連載でも、軽井沢宮古島フランスハンガリーといろいろな場所が出てきましたね。これは写真撮影がメインだったんでしょうか?

喜多村 車を借りてあちこち出かけていましたね。でも、写真を撮ることがメインってわけでもなかったです。もちろんカメラは持っていくし、撮影もするんですけど。ごく自然に、お互いに撮り合っていた。というか、当時は「撮り合っていた」という感覚でもなかったんじゃないかな。お互いが、単にそれぞれに撮っていたというか。作品にしようとはまだ思っていないから、自分の写真を撮りつつ、それらとおなじように撮るっていう感じだった。学生の頃は身の回りに対してやたらとシャッターを切ってたし。

渡邊 それがいまは、こんなふうに連載させてもらう作品になったのはすこし不思議な感じもしますね。

時系列でもそうじゃなくても成り立つ作品

— 週に3回の更新というのはなかなか大変だと思うんですが、写真のセレクトはどうやっているんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

レンズをのぞきあって見えたもの—喜多村みか×渡邊有紀対談

喜多村みか /渡邊有紀

写真家の喜多村みかさんと渡邊有紀さんがお互いを被写体として、2000年頃から撮り続けている「TWO SIGHTS PAST」。昨年の7月からスタートした連載は150回を突破しました。大学で知り合ったふたりがどのようにして写真を撮るよう...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yusay 写真家の喜多村みかさんと渡邉有紀さん。おふたりのように、自然と写真を撮る関係ができる、っていいな~って思います。https://t.co/CFcbxuzkjF 約4年前 replyretweetfavorite

mikakitamura 連載中の作品について、渡邊有紀ちゃんと対談してます。。よろしくです◎ 約4年前 replyretweetfavorite

takurokoma !! 気づいたらごく自然に撮りあっていた| 約4年前 replyretweetfavorite