人の中の「悪魔」を起こすもの

暴力教師、イジメ、高齢者虐待……。時として人間は、それがまるで当然の権利であるかのように、弱者に対して危害を加えます。人を弱者への加害へと駆り立てるものは、いったいなんなのでしょう。

 僕は、どうにも学校という空間が好きじゃなかった。僕が中高生だった昭和50年代は、不良たちがわが物顔で闊歩していた。この頃からイジメもあったし、学年がひとつ上というだけで、下級生に対する理不尽な行為が許されたりするのだ。それから数々の意味不明な校則や頻繁にある服装検査。社会から隔離された密室空間だからこそ、当たり前の社会のルールが正常に機能せず、学校内でしか通用しないおかしなルールや、行動規範が形成されていったのだろう。

 まるでヨタ者のような暴力教師たちの存在も謎だった。80年代の初頭に全国の中学校で校内暴力が吹き荒れたため、高校はこうした暴力教師たちを雇って「管理教育」を徹底したらしい。僕の学校にも、柄の悪い体育教師が何人もいた。そしてこの教師たちはよく生徒たちを殴った。当時、戸塚ヨットスクールの抑圧的な教育方法が問題視されたが、中学校や高校で行われていた管理教育も、本質的な部分ではこの戸塚ヨットスクールと大差なかったように思える。

 高校卒業から数年のち、僕が通っていた高校のある体育教師が逮捕された。なんと教育実習生を殴ったというのだ。この教師は、教育実習生にも「鉄拳制裁」がまかり通ると思ったらしい。また同じ頃、校門に挟まって女の子が圧死するという痛ましい事件が神戸のある高校で起きた。この事件をキッカケに、ようやく「管理教育」の実態が少しずつ問題視されるようになっていったのだ。

新たな密室空間の誕生
 それから30年の時が過ぎた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kai_fsbb 前期課程の心理とか社会行動論の授業めっちゃ思い出した。 4年弱前 replyretweetfavorite

oseki_han https://t.co/v5YUzjs8vf 密室と権力はどうやらそうとう相性が悪いらしい。自分に正当性があると思い込んだ人間に密室で権力を与えてしまうと、「スタンフォード監獄実験」のように人間の中に眠っている悪魔のような加虐欲に、免罪符を与えてしまうのかもしれない。 4年弱前 replyretweetfavorite

hal_31 この構図の強者が正義大義を背にしていて、悪いと思わずに始まってしまう暴力。それがまた弱者の被虐性を増してしまう感じがする。更に怖いのは"密室"で次第に消えるモラル。 4年弱前 replyretweetfavorite

hal_31 映画es[エス]を観た時の衝撃を思い出した。正にこの実験を元にした映画なんだな。 4年弱前 replyretweetfavorite