出版社とネットの一体化が、ようやく実現する。

KADOKAWAとドワンゴの経営統合により、川上量生さんは何をしようとしているのか。「打つ手はわからない」と言いつつ、いろいろと構想していることがすでにあるようです。その一つが、電子書籍の新しいプラットフォームとフォーマットをつくること。川上さんの考える「一番いい方向性」とは、どういうものなのでしょうか。

目指すのはイヤ。でも可能性があるなら追求する

— KADOKAWA・DWANGOの経営統合についての報道を見ると、日本のコンテンツをまとめて世界に打って出る、という内容が多いように思います。それについて、実際はどう思われてるんですか?

川上量生(以下、川上) んー、ありえますよね。それなりにメリットがあるし。それは、みんなが望んでいる未来でもあると思うんですよね。外資系のプラットフォームではなく、国産で、かつ、寄りかかれるくらい大きくて安心なプラットフォームができたらいいな、と思っている人は多いでしょう。

— たしかに、GoogleやAmazonに頼っていると、いきなりなにかがひっくり返ったり、不利な条件をつきつけられたりという不安はありますよね。

川上 そうなんですよ。ある程度、日本のコンテンツ業界にとってもシンパシーがもてるプラットフォームが登場する。そこには意味があると思います。だから、成立する可能性はありますよね。

— 川上さんはそれをやろうとしている。

川上 いや、やろうとしているっていうのは違いますね。可能性がある。

—目指す、ではなく(笑)。

川上 目指すのはイヤなんですよ(笑)。もちろん可能性があるなら、追求すべきテーマですよ。でも、できるかどうかはわからないです。

— 現状、やろうと思っていることはあるんですか?

川上 ありますよ。ひとつはゲーム情報のポータルですね。攻略情報やコミュニティを網羅したゲーム情報ポータルサイトって、実はこれというものがなくて、手付かずで残されてるエリアなんです。

— そういえば、ないですね。非公式なサイトばかりですもんね。

川上 しかも、KADOKAWAは『ファミ通』『電撃』というゲーム系のコンテンツ(ブランド)を持っています。そこと、さらにゲーム実況で日本の中心になっているニコ動が組む。

— おお、そうか!

川上 これはわかりやすいですよね。とりあえずこの手は打っておこう、という手です。あとはもちろん、KADOKAWAの電子書籍ストアBOOK☆WALKERと、ドワンゴのニコニコ書籍。これをどういうふうに融合していくかということも考えています。電子書籍のプラットフォームの新しいモデルをどうつくるか、ですね。いまあるのは、アメリカの電子書籍のコピーでしかないから。

— コピーでしかないというのは、どういうことですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
川上量生の胸のうち

川上量生

「おおっぴらに書くと炎上しそうなことも、ケイクスでなら言える」そんな風に語るのは、ドワンゴ代表取締役会長、スタジオジブリ所属、アニメーション製作のカラー取締役、KADOKAWA取締役と日本のメディア界で幾つもの重要な役割を持つ川上量生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

machuiii 【第20回】 3年以上前 replyretweetfavorite

k_yama82 川上 しかも、KADOKAWAは『ファミ通』『電撃』というゲーム系のコンテンツ(ブランド)を持っています。そこと、さらにゲーム実況で日本の中心になっているニコ動が組む。 3年以上前 replyretweetfavorite

RtIs09 【第20回】 3年以上前 replyretweetfavorite

tanayuki 「いまこの経営統合についての報道って、僕らが予想した以上に好意的な内容ばかりなんです。それは、報道しているメディア自身が、他人ごとに思えない部分があるからだと思います」 / “【第20回】 4年弱前 replyretweetfavorite