第13回】節約法はわかってるのに家計を変えられないあなたへ

家計の相談に乗っていると、「わかっているのに変わらない人」に頻繁に出会います。支出が減るコツやアイデアはわかっているのに、それにしたがって行動できず、変われない人です。そういう人が家計を改善するにはいったいどうしたらいいんでしょうか?

全く改善できません、という前に

「本を読みました。やるべきことはわかっています」と言ってくるのに、なかなか家計が改善できない相談者がいる。「保険はどうするとおトクか、投資はどうすると確実に増える?」「今はここの銀行の利率がいい」など、細かな情報を知りたがり、またはしっかりと情報を入手しているのに、なぜか家計は上向かないのだ。これはいったいどういうことなのだろうか?

やっているつもりでうまくいかないという人たちは、家計を改善するための知識は十分に持っていることが多い。さっきも書いたような保険や投資などのさまざまなアイデアを比較し、自分にはこういう方法がいいという結論にもいたっている。しかし、結論が出ていても実際に行動にうつすことができない。

「食費はムダが出ないように頑張っている」「生命保険は見直すつもり」「プロバイダーはやめて、携帯電話のテザリングでネット環境を統一しよう」「節約グッズ、節水グッズを使って、水道光熱費を節約するつもり」こういうふうに具体的に何かしようと考えているのに、「~~つもり」で止まってしまっている。残念なことだ。

わかっていると言うけれど……

どうして彼らは、「つもり」で止まってしまうのか? 忙しい、時間がない、面倒くさいと言う人もいるが、結局は情報を得、一般的には効果があることだろうということは理解していても、実際は、自分に効果があるかどうかはわからないと半信半疑だったり、自分の支出自体を客観的に見られていないために人に比べて問題がないはずだと勘違いしていることもあるのだ。また、見よう見まねでとりあえず試すが、面倒だったりやりにくいところは避けてしまい、中途半端な効果しか出ていない、という場合もある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
家計再生コンサルタントの本音

横山光昭

家計再生コンサルタントとして過ごした15年近くの日々。ファイナンシャルプランナーとしての一面を持ち合わせながら、借金だらけの家計から、貯金を作りたい・増やしたいという家計まで幅広くサポートしてきました。その経験から、感じたこと、考えた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mizssy07 ううむ出来ない人もいるんだなぁ | 約4年前 replyretweetfavorite

otuka_T 「消費・浪費・投資」の分類は使えそう 約4年前 replyretweetfavorite