台北 國立故宮博物院 -神品至宝-」展—“白菜”だけじゃない、故宮の至宝

世界四大博物館のひとつであり、中国歴代皇帝のそうそうたる宝物を収蔵する、台湾の國立故宮博物院。その華麗なるコレクションが上野・東京国立博物館に上陸し、「台北 國立故宮博物院 -神品至宝-」展が開催されています。海外初となるあの翡翠でできた“白菜”の展示だけでなく、器・鏡台・絵画など至宝がもりだくさん。歴史を重ねてなお輝きをはなつ職人たちの手わざを堪能ください。

上野にある東京国立博物館は、日本有数の巨大な展示スペースを誇ります。常設展であろうと企画展であろうと、ひとたび巡ろうと思い立ったなら、観覧にそれなりの時間がかかることを覚悟せねばなりません。とりわけ現在は、特別展としてボリュームたっぷりの展示が繰り広げられていますからなおさらですよ。

企画展スペースで開かれているのは、「台北 國立故宮博物院 -神品至宝-」展。中国歴代皇帝のコレクションを収蔵する台北の國立故宮博物院から、選りすぐりの名品を200点以上も運んできています。

博物院の文物は、北宋、南宋、元、明、清の時代のものが主。年代でいえば10世紀から20世紀あたりですね。そのあいだに築かれた皇室コレクションは、さすが華やかでバラエティに富みます。歴代皇帝は美を愛するがゆえ、また権勢を誇ったり、みずからの権力の正統性を示したり、また人民教化のためもあって、美術品を集めたりつくらせたりするのにひじょうに熱心でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません