オリーブ』の「リセエンヌ宣言」

『ユーミンの罪』が好評の酒井順子さんが、雑誌『オリーブ』とその時代、女の子達に与えた影響を分析します。今回は、オリーブ少女たちが憧れたフランスの中高生の女の子「リセエンヌ」について考察します。
この連載に、新たな書き下ろしを加えた『オリーブの罠』 (講談社現代新書)が発売されました。マーガレット酒井先生が復活する「元オリーブ少女&少年の面接時間」全4回も収録! オリーブの罠、とは何だったのでしょうか?

フランスから到来した黒船

 結婚すらもファッションにグッと寄せて考える『オリーブ』ですから、雑誌としての軸足は、ファッションにあります。『ギャルズライフ』を読むズベ公、じゃなくてツッパリ少女達が制服のスカートを長くしたりビールで髪を脱色したりしている時、『オリーブ』第三十一号の特集は、
「有名デザイナー10人が、オリーブ少女のために作った服。」
 というもの。菊池武夫、川久保玲、金子功、稲葉賀恵……といった有名デザイナー達が、少女向けの服をデザインしたらこうなる、というページなのです。

  『オリーブ』 1983年10月3日号

 当時の日本は、「BIGI」「NICOLE」「PERSON’S」「BA-TSU」……といったDCブランドブーム。DCブランドとは何かと申しますと、D=デザイナーズブランド、C=キャラクターズブランド、のこと。若手日本人デザイナー達が色々なブランドを立ち上げ、渋谷のパルコやラフォーレ原宿といったファッションビルを飾っていました。キャラクターズブランドというのがよくわかりませんが、特定の有名デザイナーの名は立てず、「こういう感じのイメージで」と打ち出すのがキャラクターズブランドだったらしい。

 今では、安くてそうダサくもなくてシンプルという「ファストファッション」を若者は気軽に買うことができますが、当時はその手のものはまだ存在していませんでした。安いものは必ずダサく、そして家電から服まで、安いものにはなぜか、変な花模様とかがついていたのです。そのような現状に対するアンチテーゼとして登場したのが、一九八〇年にできた無印良品でありましょう。

 そしてお母さんがスーパーで買って来るような服は絶対に着たくない若者が憧れたのが、DCブランドの服でした。この号の「オリーブ少女、ぴったりブランドの服」というページを見てみると、「BASSO」「ATSUKI ONISHI」「D.GRACE」といった、懐かしくて目頭が熱くなりそうなブランド名が並んでいます。「DO!FAMILY」は今でもお店を見かけますし、ああ「HONEY HOUSE」って中学の時に好きだったワ……などと、思いは千々に乱れます。

 しかしこれらの服は、決して安くはありません。ファストファッションのように、Tシャツが千円以下で買えるわけではなく、たとえば「VIVAYOU」のTシャツは七千九百円。スカートもセーターも、一万〜三万円台はして、オリーブ少女の年代にとっては高いだろう、という価格なのです。
 しかし我々は、それでもDCブランドの服を手に入れようとしていました。親から何とかお金を引き出したり、学校で禁止されているアルバイトをこっそりしたり。私も、親をラフォーレや渋谷西武まで連れ出すのに成功した時は、嬉しかったものだっけなぁ……。

 このように『オリーブ』は、それまでは眠っていた少女達のお洒落心に、火をつけてしまいました。学校では制服、家ではジャージを着ていればよかった中高生が、「お金のかかるお洒落」の方向へと、向かい出したのです。
 しかし、ただ火をつけるだけでは、『オリーブ』としては満足しなかったようです。オリーブ少女達のお洒落心にさらなる衝撃を与えたのは、フランスから到来した黒船。その名も「リセエンヌ」です。

『オリーブ』 1983年12月3日号

 一九八三年の十一月十八日に発売された第三十五号の表紙に記されているのは、
「オリーブ少女は、
 リセエンヌを
 真似しよう!」
 という一文。ショートカットのモデルは、ボストンタイプの眼鏡をかけてベレー帽をかぶり、本と、学生鞄っぽいかっちりとしたバッグを持っています。
 私のようなドメスティック系オリーブ少女が「リセエンヌって、何ぞ?」とページをめくると、
「リセエンヌって、知ってる?」
 と、待ってましたとばかりのページが。

マガジンハウスからのお触れ

「リセ(Lycée)って、フランスの公立の中等学校のこと」
「だから、リセエンヌっていえば、フランスの中・高校生の女の子たち」
 ということなのだそう。そして見開きいっぱいの文章の最後に記されているのは、
「リセエンヌ=フランスのオリーブ少女なのです」
「さりげなくおしゃれで、いい感じ。どことなくかわいくて、夢がありそう。大人っぽく見えるからといって、ちっとも背伸びしてるわけではなくて、ティーンエイジのいまにぴったりの、自分のスタイルをもっている少女でもあります。そんな女の子になりたかったら、リセエンヌのライフスタイル、しっかり盗んじゃおう!」
 という文章。

 この見開きページは、すなわちオリーブの「リセエンヌ宣言」です。日本の少女達よ、リセエンヌに憧れろ! ……という、マガジンハウスからのお触れなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
オリーブ』の罠

酒井順子

『ユーミンの罪』が好評の酒井順子さんが、雑誌『オリーブ』とその時代を振り返ります。この連載に、新たな書き下ろしを加えた『オリーブの罠』 (講談社現代新書)が発売されました。マーガレット酒井先生が復活する「元オリーブ少女&少年の面接時間...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toqmitz @obenkyounuma YSLなんかは高値の華だったかもですが、80年代ぐらいになると、ちょっと背伸びをすれば届く立ち位置まできてたというのもあるかもですねー。 例えば、https://t.co/sA5Xcenykl とか、1983年のようですし。 2年以上前 replyretweetfavorite

Act031Re リセエンヌとオリーブ少女の謎に迫る。 https://t.co/d7ZNNSh1nq 3年以上前 replyretweetfavorite

aokilpomaaaa リセエンヌって何だろう?って調べたら出てきた記事。懐かしくて泣ける。 https://t.co/7sevxcOABn 無印良品の素晴らしさよ。中学生のとき無印の店舗なんて全然無くて、正月休みに自由が丘まで買いに行ったのを思い出す。 http://t.co/Fw7DLYNFLD 3年以上前 replyretweetfavorite

starpopcandy アメリカンスクールガールもいいけどリセエンヌも心に飼いたいよね https://t.co/ClBFw8OQeQ 3年以上前 replyretweetfavorite