恋の数だけハッピーエンドがある

1980年代のハーレクイン

今でこそゴージャスで多様な職業のヒーロー・ヒロインが登場するハーレクイン作品ですが、初期作品で主流だった職業は少し趣が異なるのだとか。職業や舞台の変化も楽しみつつ、初期の時代から変わらないアツアツの愛の物語をお楽しみください。

【ハーレクイン豆知識:ハーレクインの歴史】

日本で初めてハーレクイン・ロマンスが出版されたのは1979年。今回の試し読み作品ヴァイオレット・ウィンズピアの『サルド家の兄妹』は、創刊から間もない80年代初頭に刊行されたものです。本作のヒロインは個人付きの看護師ですが、これは初期の作品でよく見られる職業。病院勤めではなく、個人の屋敷に住み込みで働く看護師で、ベティ・ニールズ作品にもよく登場します。一つ屋根の下で暮らすうちに急接近するんですね!

【作品紹介】

『サルド家の兄妹』

看護師のアンジーは6年ぶりにバヤルター島へ向かっていた。 身寄りのない彼女は10代のころ、 よく親友に招待されて、この美しい島で休暇を過ごしたものだ。 だが、温かく迎えてくれたサルド一家との楽しい思い出は、 先週親友からもたらされた知らせで輝きを失った。 親友の兄リックが爆弾の破片をあび、視力を失ったのだ! スペイン名家の跡継ぎで、自信にあふれていたリック— ひそかに愛していた彼の苦悩を思うと、アンジーの胸は痛んだ。 わたしがそばにいるわ。この想いが報われなくても。


「きみがそう言うのは簡単だ! 何がわかる? 父に義理があるから多少のおかえしをしようと思って、この島に帰ってきた小娘のくせに」

「そんなことないわ、リック!」

アンジーはベッドの支柱を握りしめる。そうでもしていないと、リックにすがりついてしまいそうだった。そんなことをすれば、木を火に近づけるのと同じになってしまう。でも、そこから生まれるのは、愛の炎ではない。

いまのリックは誰も愛する気分にはなれないだろう。皆を憎みたいと願っているのだから。そして、リックに憎まれることにも、苦痛をやわらげる道具に使われることにも、アンジーはとうてい耐えられなかった。

「それじゃ、なぜなんだ? 父は総督で、しかもハンサムだ。父にあこがれてでもいるのか?」

「ああ、なんてことをおっしゃるの!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋の数だけハッピーエンドがある

ハーレクイン・ロマンス

数々の恋愛小説を世に送り出し、女性たちに癒やしを届けてきたハーレクイン・ロマンス。なんと、これまでに出した全ての小説は必ずハッピーエンドを迎えるのだとか。今回はそんなハーレクインの日本上陸35周年を記念して、人気の35作品の見どころを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません