学ぶことは、考えることではない。

折にふれて「考えることの大切さ」を伝えてきた森博嗣さん。しかし、多くの人は「考える」ことを「学ぶ」ことと混同しており、その本来の意味に気づいていないのだそうです。森さんが考える、「考える」と「学ぶ」の違いとは? 8月8日発売予定の森博嗣さんの新刊『素直に生きる100の講義』(大和書房)のダイジェストを、cakesでいちはやくお届けしていきます!

「考える」ことが大切だと何度も書いている。子供のときには、考えることは、勉強しているときに多かったのかもしれない。それで、多くの人が、勉強することが考えることだと勘違いしている。

たとえば、本を読んだり、授業を受けたり、そういった「学び」が大切だ、というふうに誤解されている。僕が「考えた方が良い」と言っているのは、それとはまったく違う。

学びというのは、情報を受け取ることである。つまり、なんらかの知に触れて、そこから自分に必要なものを得る、という行為だ。これは、ものを食べるのと同じであって、書物は食べ物であり、そこから得られる知識は栄養のようなものだ。

しかし、考えることは、そのような「得る」行為ではない。むしろその逆で、自分から発する行為なのだ。これは、運動に似ている。頭脳を使って、エネルギィを消費する。だから、考えるとお腹が減るし、また、考えると知識を欲しくなる、という意味での空腹も感じるだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
素直に生きる100の講義

森博嗣

作家として科学者として深い思索にもとづく創作と研究を行ってきた森博嗣さん。そんな森さんが現代の閉塞した社会で希望を持ちながら生きるためのヒントを伝える著書『素直に生きる100の講義』(大和書房)が8月8日に発売されます。cakesでは...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

LittleRing メモ:「」 森博嗣 https://t.co/Gh1gOX9Hi9 #気になることば 2年以上前 replyretweetfavorite

s_1wk 「考えずに知識ばかりを吸収していると、知識の肥満になる、と僕には見える。」 4年以上前 replyretweetfavorite

porpor35 「考えずに知識ばかりを吸収していると、知識の肥満になる、と僕には見える。」→ 4年以上前 replyretweetfavorite

ricomochi 森博嗣さんを好き過ぎる。 https://t.co/dhdshpFnnp 4年以上前 replyretweetfavorite