楽しい努力と苦しい努力の違いはどこにあるか。

努力が苦しい。そんなこと思ったりしませんか? それは「楽しくない努力」をしているからだ、と森博嗣さんは指摘します。では「楽しい努力」というのはどういうものなのでしょうか。そしてそれを見つける方法とは? 8月8日発売予定の森博嗣さんの新刊『素直に生きる100の講義』(大和書房)のダイジェストを、cakesでいちはやくお届けしていきます!

努力にもいろいろある。何が目的なのか、何に拘束されているのか、などさまざまだ。しかし、大きく二つに分けられるとすれば、それは、楽しい努力と、あまり楽しくない努力である。努力は大切で、それを続けられれば、なにがしかのご褒美的なものがもらえるわけだが、そういった保証のない努力だって、世の中には沢山ある。

一般に、自分が発想したものを実現する努力というものは、基本的に楽しい。それはそうだろう。自分が頭で考えたもの、いわば夢のようなものを実現するのだから、誰でもわくわくする。もっとも、上手くいかない確率も高い。それは自分の発想がどれくらい信頼が置けるものなのかによるし、結局は自分の思考力、自分の計算力にかかっている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
素直に生きる100の講義

森博嗣

作家として科学者として深い思索にもとづく創作と研究を行ってきた森博嗣さん。そんな森さんが現代の閉塞した社会で希望を持ちながら生きるためのヒントを伝える著書『素直に生きる100の講義』(大和書房)が8月8日に発売されます。cakesでは...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_shuri そうだなぁ。自分の発想で何かを作り上げることを、自覚してやらないといけないな、と思う。楽しい努力をしよう。 4年弱前 replyretweetfavorite

Joker03869174 |素直に生きる100の講義|森博嗣|cakes(ケイクス) 昨日、仕事に楽しみを見つけるって話が出たので貼ってみる https://t.co/vBUDSPCbq7 4年弱前 replyretweetfavorite

3rd_hole 小さいときから、人から与えられたものを、ただ消化している。それが自分がすべきことだと信じ込まされている。 4年弱前 replyretweetfavorite

Daiwashobou 【第3回】森博嗣先生の『 4年弱前 replyretweetfavorite