僕らに「幸せ」をもたらすもの

僕たちは、昔の貴族よりもはるかに贅沢に暮らしている。でもそこは、必ずしも幸せな世界ではないかもしれない。紛争が頻発し、格差が広がり続ける現実。それは進歩や発展を求めて国と国、個人が競い合うことの結果なのだろうか? 進歩を求めなくても、幸せになりうるのだろうか?

 今から20数年前にヨーロッパを自転車で旅行した時のこと。帰りの飛行機でたまたま隣の席になったマレー人とずいぶん長いこと話し込んだ。浮浪者一歩手前といった風貌のそのやせこけた若者は、1年ほどかけてヨーロッパ各地を回ったという。ひとつひとつの街に2週間から1ヶ月ほど留まり、タダ働きする代わりにタダで泊めてもらったり、絵を描いて公園で売ったりして、ほとんどお金を使わずに旅行したというのだ。しかも絵の勉強をしていたわけでもなんでもないらしい。イタリアの沿岸部では毎日釣りをして夕飯のオカズにしたという。

 一方僕のほうは、毎日安ホテルやユースホステルに泊まり、一日120〜150キロほどずつ移動して、5週間でオランダ、ベルギー、フランス、スイス、イタリアの5カ国を急ぎ足で通過しただけだった。パンクしたこともあれば派手に転倒して怪我をした日もあった。大雨にふられたり、宿が見つからなかったりと僕なりのドラマもあった。自転車で毎日150キロほど移動したんだぜ、と得意げに言うと、彼は僕にこう尋ねた。「そんなに移動ばかりして、一体ヨーロッパの何を見たの?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hal_31 何をもって幸せとするのか、本当に人それぞれだよね。そこを考えてテクノロジーとうまく付き合っていかないと、振り回されたりアンハッピーかも。→ 3年以上前 replyretweetfavorite

hal_31 何をもって幸せとするのか、本当に人それぞれだよね。そこを考えてテクノロジーとうまく付き合っていかないと振り回されたり幸せになれないかも。→ 3年以上前 replyretweetfavorite

Yanke73 ららら〜。モモ読みたくなった。 3年以上前 replyretweetfavorite

cmano8 尺度は人それぞれだなんていうあり触れた解釈ではなく、自分の幸せはこれですと宣言出来る素晴らしさよ hum: 3年以上前 replyretweetfavorite