会計は男性が支払うもの?

最近はお会計を割り勘にするカップルや、女性が男性にごちそうするシチュエーションも増えてきましたが、バーの店員からするとそれはなかなか悩ましい問題だというbar bossa店主・林伸次さん。バーでは会計の際、伝票を男性のところに持っていくのが基本のため、誰に持っていくべきか困ることがあるのだとか。しかし「会計は男性」という話、なぜ当たり前のことと思われているのでしょう。林さんがお客様から聞いたその理由とは?

「男性が支払う」は西洋文化?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

前回も書きましたが、僕は25才の頃、ブラジルで2ヶ月間暮らしていたことがあります。ある時、現地の30~40才くらいまでのお姉さま達10人くらいとお洒落なピッツェリアに行きました。食べて飲んで話して、誰かがボーイに「お会計ね」と伝えたところ、そのボーイは僕のところに伝票を持ってきたんです。もちろん金額は結構な額で、僕は目を白黒させてると、お姉さま達が「割り勘ってわかってるのに、男性のところに持ってくるのが習慣なんだよね」と笑っていました。そうなんです。ヨーロッパ文化が根付いているブラジルでは、男性に伝票を持っていくんですよね。そしてその時男性は僕一人だったので、僕を支払い担当と扱ってくれたわけです。

もちろん、日本のバーも西洋スタイルのモノマネですので、伝票は男性のところに持っていくことになります。でも、当然ですが、女性が支払うというパターンもよくあります。例えばbar bossaでも、偉い作家さんと一緒に飲んでいる出版社の女性が、「接待」として会社のお金で支払うことはよくあります。その女性が支払いなのはわかっているのですが、「男性が支払うもの」という前提があるので、偉い作家さんに持っていくべきかどうか、サービス側としては難しいところです。

少し話はずれますが、店員は「15700円になります」と声に出しちゃいけない決まりがあります。レストランでも接待される側のメニューには金額が表示されていなくて、接待する人のメニューには金額が表示されているということ、ありますよね。それと同じで、接待されている方に「金額を知られてはいけない」というルールがあるんです。でもですね、バーってすごく暗いんです。そして支払う人は大体、お年をめしている方が多くて、老眼だったりするので「見えない」なんてこともあります。そういうときは、金額を声に出していいのかどうか、悩むんですよね……。

女性に聞いた「男性が支払う」の理由

さて、なぜお会計は「男性が払うもの」という前提があるのでしょうか。先日、ある美人のお客様と話していたら、こんな話を聞かせてくれました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3rd_hole 一緒に過ごす時間は短くても、互いを褒める時間でありたい。 約3年前 replyretweetfavorite

shuko_b むしろ身が引き締まる思いです。 || 約3年前 replyretweetfavorite

al_hayat ついったで語られていることの半分くらいまでは到達できている感じよ。 約3年前 replyretweetfavorite

ayako_0802 逆に言うと、心の底からワリカンを望むなら、そんなにお洒落に無理しなくていいということだよね。気が軽くなった。 約3年前 replyretweetfavorite