世界から戦争をなくす方法

bar bossa店主・林伸次さんによる人気コラム連載、今回のテーマは「世界から戦争をなくす方法」。ずいぶん硬派なテーマに思えますが、そこは林さん流の考え方がありました。bar bossa開店前、ブラジルで修行していた林さんはブラジル人の男友達に「もうブラジル人女性とは経験した?」と聞かれたそうです。それがどう「戦争をなくす方法」に結びつくのか。世界平和を望むすべての人必見のコラムです!

ブラジル人に言われた言葉

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

bar bossaは名前の通り、ボサノヴァのお店です。ボサノヴァはもちろんブラジルの音楽でして、bar bossa開店前はブラジル人や他のラテン系の外国人がたくさん集まるようなお店を考えていました。

それで僕は、東京のブラジルレストランで2年働いた後に、2ヶ月間、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで修行生活をしました。

リオといっても田舎の方で、日本人はほとんどいなかったため、どこに行ってもブラジル人が珍しがってたくさん集まってきて、面白い体験をたくさんできました。

そこで僕は、こんな不思議な体験をしました。

ブラジルでも仲良くなった男性とお酒を飲むと、話に出るのは男女の恋愛の話です。そんな時、必ずこう質問されたのです。

「ねえ、シンジ。もうブラジル人女性とは経験した?」

僕がその質問に対して「いや、まだだけど」と答えると全ての男性が「それは残念だ。絶対にブラジル人女性とはした方が良いぞ。すごく良いから」と熱く語るんです。

不思議だと思いませんか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

the_monkey1988 もしかして、僕たち人間の中には自分とは違う種類の人と接触して、理解し合いたいという感情がプログラムされているのではないかと思うんです  1年以上前 replyretweetfavorite

k_kei1 さぁ、みんな世界平和のためにセッ久を。 4年以上前 replyretweetfavorite

Woo_Joe715  読むと少し楽になったりならなかったり 4年以上前 replyretweetfavorite

die_kuma ブラジル行きたい。い、いや、W杯的な意味で! 4年以上前 replyretweetfavorite