最近一番お気に入りの鮨屋と、女性の親方の銀座の新しい鮨屋

数々のレストランの名店を紹介しているSumally代表・山本憲資さんの連載、今回はその山本さんが「最近の一番のお気に入り」と公言する鮨店をご紹介。昨年オープンし、今や予約が取れない店になったその人気店の味は? そしてもう一軒は、銀座にオープンしたばかりの鮨店。女性店主による握りに山本さんも大満足した期待大の新店です。

名店「すし匠」出身、青山の予約の取れない人気鮨店

この1年ほど頻繁に通っている鮨屋がある。青山一丁目の「匠 進吾」。四谷の「すし匠」から独立、昨年5月に開店されて1年ちょっと。あっとういうまになかなか予約のとれない人気店になった。僕も去年の秋頃にはじめてお伺いして、以来ちょこちょことお伺いしている。最近の一番のお気に入り、と各所で言いまわっている。先週の週末、Sumallyを応援してくれているとある先輩に事業進捗、その他もろもろの報告に鮨でも食べようかいうことで、この店に行くことに。実はその先輩のいきつけの鮨屋「一番町 てるや」とこちらもすし匠出身のご主人のお店で、どちらにしようかと相談の結果、今回はこちらに行ってみようということになった。

つまみと握りがざっくり交互にでてくるすし匠スタイル。最初に出てくるポン酢で食べる海ぶどうとわかめも好きなんだよなぁ。つまみから握りまでかなりの品数出てくるが、ひとつひとつのネタに対して本当に丁寧に仕事がされていて、じっくり熟成させてあるネタも多い。口に含んだときに旨味がじゅわり拡がるかんじが、他の何にも代えがたい。ネタによってふつうのお酢のシャリと赤酢のシャリとが使いわけられている。マグロももちろん美味しいのだが、熟成させてある金目鯛やキスもこれまた旨い。おまかせで食べると20以上のさまざまなネタが。デザートの和風アイス&シャーベットも美味で、食後感大満足。お値段も1万円代後半と安くはないものの、この満足度からすると決して高くないことは断言できる。

柔らかい雰囲気と繊細な握り、女性親方が握る鮨の新店
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません