イギリス人が「食べ物の話」をしない理由

イギリスは礼儀をたいへん重視する国だといわれています。とくに「礼状の書き方」はあらゆる場面で重要になるのだとか。しかし、どれだけ豪華な食事を振る舞われても、会食後の礼状に、食べ物に関する内容は一切書かないのだそうです。いったいその理由は?

ここ最近は、何回か食に関することを書いていますが、今回は、イギリス人と食について書いてみたいと思います。

礼儀を重んじる国、イギリス

イギリスでは「手紙の書き方」なる本が売られています。そこには必ずといっていいほど、「Thank you letterの書き方」、つまりお礼状の書き方という項目があります。イギリスは、電車でフライドチキンを食べ散らかすようなダイナミックな狼藉をやる人が多い一方、お年寄りや保守的な人々、中流以上の人々は、日本と同じように、礼儀を重視する土地です。とはいっても、形式主義ではないのでありますが、お礼をいう、手紙を出す、謝る、といったことは日本の人が思う以上に重要視します。

人様に何かやってもらった場合、どこかに招待された場合は、必ずといっていいほど「Thank you letter」を出すわけです。貴族の館や王室ゆかりのお城にいくと、貴族や王室の人々が書いた「Thank you letter」が展示してあることがあります。現代ものもあれば、数百年前のものもあります。「Thank you letter」は手書きのことが多く、招待してくれたホストに対する、感謝や、時候の挨拶が丁寧に書かれています。ダイアナ妃が丁寧で心のこもった「Thank you letter」を書いていたことは有名です。一生懸命描いたと思われる丸っこい文字に、素直で少女っぽい感じの人柄が表れている気がします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

misonamezizou 食べ物の話をするのは女々しいとな…この相入れなさ、プライスレス 約4年前 replyretweetfavorite

Nguen_teruo 大トロがいかに美味で本ワサビと小豆島産の醤油で食べたことは、|May_Roma @May_Roma |cakes(ケイクス) https://t.co/nHbArPjPxj 約4年前 replyretweetfavorite

muko108 情熱的すぎる…!でも庭に関しては細かく書いてあったりとかだったら面白いなー 約4年前 replyretweetfavorite