俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

韓国・ソウル発リアル江南スタイル俺は物静かだけど遊ぶときは遊ぶ男♪

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

「韓国でアガシに絶対にモテる小技がある。それは……手土産にたこ焼き器と資生堂の試供品を持っていくことや(机をドンッ)」

 これは8年前、初の韓国旅行を前にしたスギナミに対して、当時の上司であったS氏が餞別代わりにくれたアドバイス。「ウチの雑誌(韓流本)はソウルに万里の長城を築く!」など、大風呂敷を広げたがる癖のあった氏の言葉だけに額面どおりには受け取らなかったが、コスメの試供品だけは大量に持参。すると果たせるかな、ルームサロン、そしてディスコでプレゼントするとウケがいいのだ。日本で韓流という言葉が出始めた時期ではあったが、韓国国内では依然、日本の文化、ファッションに対して憧れる若い層は多かった。

 ところが最近では、K-POP、Kコスメ、サムスン製品に代表される韓国独自の文化は日本の若い女子にも浸透。馴染みの韓パブに行っても、「資生堂よりBBクリームをください」と一蹴され、韓国アガシと接近するのに、これまでの日本ブランドの押し売りは通用しないことを痛感。それならいっそ、韓国文化に精通することで、「江南スタイル」のMVに出てくる、4Miunuteのヒョナみたいな女とイイ仲になれるかもしれない。僕は機上の人となった。

10年前は日本人が明洞市街を歩くだけでタレントのように注目されたというが、今では……

⇒ 後編では「韓国式個室キャバで夜の異文化交流」をフォトレポート!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード