27歳の地図—ボウリング・フォー・キュウシュウ 中編

ジャズにどっぷり浸かっていた東京の生活から一転、郷里・福岡に帰ったタモリのサラリーマン時代を振り返ります。時代の流行とともにタモリは様々な職業を転々とし、しかし、どの職業でも見事な仕事をこなしたタモリ。『笑っていいとも!』でも31年半もの間、見事に司会を務め上げた彼は、昔から変わらない仕事への姿勢を貫いていました。

終戦直後に生まれ古希を迎えた稀代の司会者の半生と、 敗戦から70年が経過した日本。
双方を重ね合わせることで、 あらためて戦後ニッポンの歩みを 検証・考察した、新感覚現代史!
まったくあたらしいタモリ本! タモリとは「日本の戦後」そのものだった!

タモリと戦後ニッポン(講談社現代新書)

保険外交員からボウリング場支配人へ

ジャズ・トランペット奏者のマイルス・デイヴィスは1969年に『イン・ア・サイレント・ウェイ』、翌70年に『ビッチェズ・ブリュー』とアルバムを立て続けに発表した。そこでマイルスは電子楽器を大幅に導入する。フュージョンミュージックのルーツともされるこのスタイルは、ロックの流行にマイルスが刺激されて生み出したものだった。ただ、この画期的な試みに対しては、それまでマイルスを支持してきたファンのなかにも戸惑う者が少なくなった。タモリもその一人である。

俺はね、マイルスの変貌の時はついていけなかった。その当時は、どうしたんだろう、なにをやりたいんだ、この人はって。わかんなかったよ。ずいぶん後になって、聴き返して、やっぱりすごいことやってんだなとわかったけどね。
(高平哲郎『植草さんについて知っていることを話そう』

マイルスが変貌を遂げていた頃、タモリはすでに郷里・福岡でサラリーマン生活を送っていた。職種は朝日生命の外交員。それでもジャズへの未練は断ちがたく、仕事をサボってはジャズ喫茶に行っていた、と本人は語る。だが、その言葉に反して、地元での森田一義青年の評判はかなりのものだったらしい。彼ほど有能で、勤勉な人物はいないというのだ。

結婚の話も、彼の人柄を見こんで持ちこまれたものだったようだ。福岡市議の高山博光によれば、高山の父親は森田青年に惚れこんで、結婚の媒酌人を務めたという。これは『女性自身』1982年4月22号の記事での証言だが、地元の有力者だった高山の父が、どうしてタモリを知っていたのか、とくに説明はない。外交員として方々を回っていた彼の姿が、たまたま目にとまったのだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載がついに書籍化!「森田一義」はいかにして「タモリ」になったのか。関係者への追加取材や大幅加筆でその足跡をさらに浮き彫りにします!

この連載について

初回を読む
タモリの地図—森田一義と歩く戦後史

近藤正高

2014年3月31日、『笑っていいとも!』が32年間の歴史に幕を下ろしました。約32年間、毎日テレビに出続け今や国民的タレントになったタモリ。そんな「昼の顔」だけでなく、アングラ芸で身を起こし、深夜番組『タモリ倶楽部』で披露する「夜の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yomoyomo 森田一義と歩く戦後史  約4年前 replyretweetfavorite

donkou ボウリングブームと千日デパート火災と渋谷パルコ…これら点を結びながら、同時期のタモリの動向を探ります。/森田一義と歩く戦後史  約4年前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 森田一義と歩く戦後史  約4年前 replyretweetfavorite

ririn_pu タモリさんがよくわかるシリーズ。 約4年前 replyretweetfavorite