なんかいい」を実現するには—テクニカルディレクション【前編】

デザインとテクノロジーの知識を兼ね備える、次世代型クリエイターの育成を目指す学校「BAPA(バパ)」。今回は「テクニカルディレクション」の講義の模様を紹介します。前編は、ウェブサイトからデジタルサイネージまでさまざまなコンテンツ企画・制作に関わり、受賞歴多数のPARTYのテクニカルディレクター清水幹太さんが登場。企画書にして説明できることなんて、0.1%くらいだという清水さんが示す「技術のムダ使い」とは。

BAPAの一期生は、約30人。3~4人ずつの10チームに分かれ、7月に発表する卒業制作の作品をつくります。課題は「外国人に『Fantastic! SHIBUYA!』と言ってもらう作品」。完成品は、ヒカリエの展示スペース「8/(ハチ)」に展示する予定です。

今回の授業は、作品の出来を大きく左右する「テクニカルディレクション」について。

技術的な観点からプロジェクトを監督するテクニカルディレクターは、現在、さまざまなクリエイティブの現場で必要とされています。PARTYのニューヨークオフィスで働く清水幹太さんと、バスキュールの小野寺正実さんという、現役で活躍する名うてのテクニカルディレクター2人が、講師として登場しました。

言葉にできないおもしろさを、つくって伝える仕事


清水幹太(しみず・かんた/PARTY チーフ・テクノロジー・オフィサー)東京大学法学部在学中(のち中退)から都内のデザイン事務所を経てDTP組版等に従事。2005年12月に株式会社イメージソース/ノングリッドに参加し、本格的にインタラクティブ制作に転身、クリエイティブ ディレクター、テクニカル ディレクターとしてウェブサイトからデジタルサイネージまでさまざまなコンテンツ企画・制作に関わる。2011年4月から株式会社パーティー クリエイティブディレクターに就任。現在はニューヨーク勤務。カンヌ国際広告祭: 金賞、AdFest: グランプリ等、受賞多数。【最新作】Cut Copy “We Are Explorers"

 テクニカルディレクターとはなにか。簡単に言うと技術監督ですよね。プロジェクトの中で、アイデアをどう実現していくのか考え、実作業をするエンジニアとコミュニケーションを取りながら、もっともよい方法を探していく人。私の場合は、企画を立案してプレゼンテーションするという、クリエイティブディレクターのような仕事もします。

 私の考えるテクニカルディレクションの役割は、大きく分けると2つあります。


1.言葉では説明できないものをつくる

2.言葉で説明しているものを実現する、それを超えるものをつくる


 通常、テクニカルディレクターの役割と聞いて、想像するのは2だと思います。でも、実は世の中って言葉にできないことで満ちています。99.9%はそうかもしれません。企画書にして説明できることなんて、0.1%くらいなんです。「よくわからないこと」をかたちにして伝えたり実現したりする。それが、テクニカルディレクションの一つの役割だと思っています。

 言葉では説明できないものをつくるというのは、つまり「なんかいい」をつくるということです。言葉にできない素敵なことにアプローチするために、それを実際にさわれるようにしたり、見えるようにしたりすることが必要になってきます。テクニカルディレクターが企画に入る意義が、そこにあるのかなと思います。

 (ピロン♪)と思ったら、嫁からLINEが……(会場・笑)。じゃあLINEの話でもしましょうか。

 LINEって機能的には、今までにあった普通のメッセンジャーツールと変わらないんです。でも私たちに爆発的に浸透したのは、「なんかいい」かんじだったからですよね。ニューヨークにいる嫁に「おはよー」ってメッセージを打つと、実は通信的にはまだきちんと送られていないのに、すぐ送られたかのように見える。そういう見せ方をしているからです。
 この「すぐ届いた感じ」の気持ちよさがLINEの人気の一つの理由なのだと思います。でも、それって企画書では説明しづらいですよね。「すぐ届く感じがします」って文字で読んで、「それって、そんなにいいの?」って思いませんか。つくって動かしてみないと、伝わらない。99.9%の言葉にできないことというのは、こういうことも含まれます。

技術のムダ使いのすすめ

 ここで「技術のムダ使い」についての話をします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
教えて、バパ。

BAPA

デザインとプログラミング。両方のスキルを兼ね備える、次世代型スーパークリエイターの育成を目指す学校ができました。“Both Art and Programming Academy”、その名もBAPA(バパ)! デザインや広告などのクリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a2586 この記事も素晴らしい。ネット関連でテクニカルディレクターと名乗る人をはじめて知ったのは清水さん。 - 3年以上前 replyretweetfavorite

qanta これ忘れてた・・・。こないだ帰ったときにしゃべったやつ。紫竹さんにいろいろ突っ込まれるはず 4年以上前 replyretweetfavorite

yaiask BAPAの講義、今回はテクニカルディレクション編です。PA 4年以上前 replyretweetfavorite