ジョン万次郎は偉かった〜発音とリズムの大切な関係

日本人の英話が通じない大きな要因、それは英語と日本語のリズムの違いです。通じるように発音するには、まず英語のリズムのつけ方を知るべし。発音のリズム、実は簡単な規則が存在します。今回はその規則を紹介しましょう。

 まだアメリカに来たばかりのこと。「近くにマクドナルドはあるか?」というようなことを友だちに聞いたのですが、「マクドナルド」が、どーしても通じないのです。「マクド〜ナルド」「マクドナル〜ド〜」「マクドナ〜ルド〜」とイントネーションやアクセントを変えたり、声を高くしたり低くしたり巻き舌にしたりと、いろいろやってみたのに結局通じませんでした。

 この「マクドナルドが通じない」は、アメリカに来る多くの人が経験するのではないでしょうか? 他にもこういった通じないカタカナ英語はたくさんあります。Water(ウォーター), tunnel(トンネル)、 library(ライブラリー), catalog(カタログ), channel(チャンネル)……もう通じない通じない。

なぜここまで通じないか?
 なぜ、この手のカタカナ英語はここまで通じないのか? それは元々の英単語と、和製英語のシラブル(音節)の数が違っているからです。僕のように「マクドナールド〜」とかやったり、一生懸命巻き舌にしても、何の効果もありません。それよりも大切なことは、単語に含まれるシラブルの数を把握し、それに乗っとったリズムでしゃべることです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

porpor35 @Matsuhiro さんが解説する「シラブル」の話。自分が発話するときにも聞き取るときにも大切なこと。 4年以上前 replyretweetfavorite

Ohiobucks55 シラブルはリズム、なるほど、そうなんだぁ 4年以上前 replyretweetfavorite

ISU_instant この回はよく読まれている模様。学校で習ったのと全く異なる視点でためになる、というか学校の英語って… 4年以上前 replyretweetfavorite

Matsuhiro すっごくよく読まれています。まだ読んでいない人は是非! 4年以上前 replyretweetfavorite