神去なあなあ日常』【中編】フィクションだからこそ伝わるものがある

映画『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常~』が絶賛公開中の、三浦しをんさんの小説『神去なあなあ日常』。林業を題材にしたこの作品は、フィクションでありながら、実際の林業の世界がありありと伝わる内容となっています。『舟を編む』や『風が強く吹いている』にも通じる、その世界で生きる人にしかわからないはずの臨場感は、いったいどうやって生み出されているのでしょうか。映画も原作も100倍楽しくなる特別インタビュー中編です。(聞き手:柳瀬博一 構成:崎谷実穂)

現実を描くのにフィクションが有効なときもある

柳瀬博一(以下、柳瀬) 『神去なあなあ日常』の「なあなあ」という言葉は、作品のなかでも印象的に使われています。これはモデルとなった三重県の林業地域に、実際に存在する方言なんですか?

三浦しをん(以下、三浦) いや、私がつくりました。神去弁は、三重弁をもとにした部分もありますが、基本的にはうそっこ方言です。書き始める前に、神去村およびそこに生きている人たちを象徴する言葉がほしいと思って、「ゆっくりいこう」みたいな意味の言葉を考えました。それが「なあなあ」です。

柳瀬 神去村は架空の村なのに、住んでいる人や暮らしの様子はすごくリアルですよね。「神去」シリーズを読んで、小説なのにノンフィクションよりノンフィクションらしい、と思ったくらいです。

三浦 え、そうですか?(笑)

柳瀬 田舎暮らしをルポするようなノンフィクションって、都会に住む人の目線で書かれるから、どうしても表面をなぞっただけで終わってしまうことが多いんですよね。田舎って素晴らしい、とか田舎って限界集落化して大変だ、とか。だいたいワンテーマで切り取るから、ほかの視点が抜けてしまう。でも神去シリーズは、実際に木を育て、木を切って、木を売って田舎で暮らしを営んでいる人たちのディテールが伝わってくる。小説なのに、なまじのノンフィクションよりはるかにノンフィクションだなと。

三浦 「スローライフ最高!」みたいなのって、個人的には幻想だと思うんですよね。山奥の村で暮らすって、相当大変なこと。私は祖父母の住む美杉村に遊びに行くだけでしたが、それでも近所づきあいなど、いいところもあるけれど、気を使わなきゃいけないこともたくさんあることはわかりました。スーパーどころかコンビニエンスストアすらないから、ちょっとした買い物ひとつするにも車を出さなきゃいけない。実生活で不便なことも山ほどあります。本当に田舎で暮らすのが素晴らしいことばかりだったら、こんなに各地で過疎が進むことはなかったんじゃないでしょうか。

柳瀬 まったくそのとおりですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
記憶」を嗅ぎあう関係の描き方—三浦しをんインタビュー

三浦しをん

バツイチの便利屋と訳ありの居候、天才ランナーと彼の才能に賭ける相棒、辞書作りに没頭する朴念仁とお調子者の同僚……。三浦しをんさんの小説は、生き生きとしたキャラクター達が織りなす人間関係の魅力で、読者の心をつかんできました。三浦さんの友...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yaiask 三浦しをんさんのインタビュー、中編公開しました。やったこともないことを、なぜ的確に描写できるのか。その秘密が明らかに。 約4年前 replyretweetfavorite