第20回】与沢翼が用意してくれた撮影用の一億円

衝撃の破綻宣言が大きな話題を呼んだ「秒速で一億円稼ぐ男」与沢翼。今回は、宣言後もその動向が注目を集めている与沢翼を取り上げます。与沢翼とはいったい何者だったのか、どんな人が彼を支持していたのか、そして今後どうするのか。おぐらりゅうじさんが実際にインタビューした時の裏話も交えつつ、この「秒億」問題を振り返ります。

2014年5月5週目の主なできごと
・バドミントン男子 初の世界一へ(5月26日)
・『アナと雪の女王』12年ぶり復興収入200億円突破(5月27日)
・夏のボーナス8.8%増加 伸び率過去最高(5月29日)
・明石家さんま、32歳年下の女性社長と熱愛報道(5月30日)
・大分県日田市で35℃超え 今年初の猛暑日(5月31日)

撮影のために銀行から一億円

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) 前回の益若つばさ繋がりで、与沢翼の話もしましょうか。

速水健朗(以下、速水) 益若つばさから与沢翼か。いいつながりだねえ(笑)。

おぐら 与沢翼を漫画化した『与沢物語 ―平成の肉食主義―』の版元はインフォレストですし。

速水 経営する会社フリーエージェントスタイルが税金などの支払いによって資金がショートし、ブログで破綻宣言(4月6日)をした。「今日から無理をしてお金持ちのふりをする必要がなくなったので、楽になりました。」って。

おぐら でも商魂たくましく、その破綻宣言もエンターテイメントショーとして成立していたし、すぐさま『与沢翼の転落物語』をメルマガで配信ですよ。

速水 あのFacebookの破綻宣言だけど、感動してた人が多かったね*1
*1 『ご報告』 - Facebook 与沢翼

おぐら 弱さをさらけ出す感じ、魅せますよね。すべて僕が悪いです、完全に僕の敗北です……っていう。

速水 与沢翼は最初から一貫してるよね。そういう人を引きつける文章テクニックが彼のビジネス、つまりポエムだよね。この件は、一連の佐村河内、小保方の謝罪の流れを組んでいるわけだけど、僕的に気になるのはこれらを叩く側よりも、擁護する人たちなんだよね。擁護する人たちって大抵、「悪意がないのに責められてかわいそう」っていうんだよ。「悪意がないから」とか「悪気はなかったはず」って言葉をいろんなところで聞くようになってる気がする。

おぐら 悪いことや間違ったことをした時に、その自覚があるかないかの問題もありますね。本人としては「そんなつもりはなかった」とか、あるいは「知らなかった」で許される範囲なのか。さらにいじわるな見方をすれば、悪意が見えないよう巧妙に振る舞っている可能性もあるわけで。そうそう、実は僕、与沢翼の自宅に行ってインタビューしたことあるんですよ*2
*2 ネオヒルズ族 与沢翼インタビュー「情報ビジネスなんてカッコ悪いと思ってた」

速水 家まで行ったんだ! どう、心掴まれた?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oguraryuji 初めて一億円の札束を生で見たときの話とか、峰さんの一連のデート実況はジャーナリズム的に素晴らしい話とか。 4年以上前 replyretweetfavorite

news_gebo |すべてのニュースは賞味期限切れである|おぐらりゅうじ/速水健朗|cakes(ケイクス) https://t.co/b9tsFpifEn 4年以上前 replyretweetfavorite

yamasaki_shun 秒速で読んだ。 4年以上前 replyretweetfavorite

BluePeriod ページが広告だらけすぎて吐き気がした。 http://t.co/JPxqN4kwIm 4年以上前 replyretweetfavorite