この10年間で、通算数百回は行っているハンバーグとお寿司

毎回とっておきの美味しいレストランを紹介する、Sumally代表・山本憲資さんの連載。今回は、そんな山本さんが通算百回以上は行っているというランチのお店をご紹介。ここ10年、東京・表参道近辺で仕事をしている山本さん。1軒目はそんな表参道からほど近いところにあるハンバーグ屋。ほかのどこでも食べたことがない美味というデミグラスソースが絶品です。もう一件は鮨店。たった2000円で食べられるコストパフォマンス最高のお鮨の味とは?

10年食べ続けているハンバーグ

前職のコンデナストのオフィスは青山学院大学から少し渋谷よりにあり、今のSumallyのオフィスも表参道にあるので、指を折って数えてみるとこの青山近辺で10年近く働いていることになる。なので、ランチはずっとこのあたりで食べているのだが、中でもダントツお気に入りのツートップがあり、おそらく通算の訪問回数はともに三桁回に悠々と到達しているはず。今回はそれらのお店についてつらつらと書いていこうと思う。

一軒目は骨董通りのハンバーグ屋「リトルリマ」。夜は鉄板・ステーキ屋なのだが、この店がランチに出す神戸牛のハンバーグがほんとにおいしい。はじめていったのは確かまだ大学生のとき、広尾からこちらに移転してきたばかりのときだった。ご主人と息子さん、時々奥さまもいらっしゃってご家族でやっている。当時は真新しかったであろうカウンターは、今も古びることなく清潔に保たれ、鉄板と木目の組み合わせが変わらず美しい。お昼のメニューはハンバーグと(高級)生姜焼き。ハンバーグはM、L、LLの3つのサイズから選べる。僕はだいたいLサイズのハンバーグ。ライスとお味噌汁とセットで出てくる。じっくりと煮詰められたデミグラスソースはほかのどこでも食べたことがない美味。お世辞抜きで日本一のハンバーグだろうと思ったまま10年が過ぎた。

運がいいと、ご飯がガーリックライスのときもある。前日の残りがあったりすると、サービスで出しているとのこと。僕も今までに10回も食べたことがないので、出現確率はそんなに高くなさそうである。最近はガーリックライスを出せる日にはFacebookで告知したりもしているようなので要チェックである。加えて遅めの時間だとコーヒーのサービスもあって、これがまたいい香りでうれしい。ちなみに数ヶ月前に『BRUTUS』の「最多ゴハン」という自分が今まで一番食べた回数の多いメニューを紹介する連載のコーナーで取材いただいたので、僕はこの店のハンバーグを挙げたばかりだ。

2000円で食べられる鮨の驚異のコストパフォーマンス
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaaki 表参道近辺のハンバーグと寿司。どちらもいくしか。 4年弱前 replyretweetfavorite

hirarisa_ 今回も寿司……寿司テロ…… |フィットする晩餐 https://t.co/0JZnn640ET 4年弱前 replyretweetfavorite