メランコリック

第5回 RIN on the stage アメとアマノジャク

レンは明るくて社交的、モテるのにニブイ奴。コイツ、いったい何考えてんだか。生徒会に入って一緒に過ごす時間が増えて、リンはなんだかフクザツな気持ち――。そして生徒会では新たな問題勃発?!

Youtubeとニコニコ動画での動画再生数が360万回を超えるボーカロイド楽曲「メランコリック」が遂に小説化! 書籍発売を記念して、一部を公開します。
♪『メランコリック』動画はこちらから♪


『メランコリック』 作詞作曲:Junky


 そんなことを考えているうちに、生徒会室のドアが見えてきた。  
 中から話し声が聞こえる。先輩たちはもう来ているようだ。  
 ところが、扉に手をかけようとしたところで、勝手に扉があき、珍しく血相を変えたカイト先輩が飛び出してきた。
「わあっ! あ、た、助けてよ二人とも! 会長を止めて!」  
 レンの背中に隠れたカイト先輩に、室内からメイコ会長が両手の指をわきわきさせて今にも襲いかかろうかと様子をうかがっているのが見えた。
「観念しろ、カイト~。これも生徒会の宣伝のためだ~っ」
「イヤですってば!」  
 事態が呑み込めないわたしたちに、カイト先輩が早口で言う。
「か、会長がこんどの球技大会で僕に女装をさせるっていうんだ! 球技と女装って意味わかんないですよ!」
「わかんなくていいのよ。女子からのリクエストなんだから」
「主に会長からのでしょう!」  
 会長は、生徒会の宣伝に命を懸けている。次の代替わりで人数を増やしたいのだそうだ。一度言い出したらきかないであろうことは、わたしたちももうわかっていた。
「あの、カイト先輩……あきらめたほうが……」
「イヤだよ! あっ、そうだ、女装ならレン君がいいんじゃないですか?」
「ええっ! オレ、無理っすよ! 女装ならリンのほうが……」
「わたしは元から女だーっ!」  
 結局、カイト先輩はそのまま逃げだし、次に目を付けられそうになったレンもそれに続いた。  
 静かになった生徒会室で、わたしと会長と、ずっと笑っていたルカ先輩が残される。
「ちぇ~、なんだよ。こっちは生徒会長だからってメイクもアクセも我慢してるんだし、ちょっとくらいストレス発散させてくれたっていいじゃん。かわい~くしてやるのに」
「会長、自分のストレス発散って言っちゃってますよ」  
 ツッコむルカ先輩につられて、わたしも笑った。  

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メランコリック

ココロ直 /ちほ /Junky

「わたしは、きっと、こんなわたしが大嫌い。」 幼なじみのリンとレン。ある出来事がきっかけで中学時代にレンを避けていたリンだが、進学した奏丘高校でルカ先輩たちの誘いを受けてレンと共に生徒会メンバーになることに! 片想い中の相手に素直...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません