世界で婚活して分かったこと

新緑が美しい6月はジューン・ブライド、結婚式のシーズンです。現在パリに暮らす中村綾花さんも、フランス人の旦那さんと2年前の6月に式を挙げました。おしゃれなパリの結婚式は、はたしてどんなスタイルで行われるのかというと、実は費用や時間のどれをとっても、日本よりもシンプルで質素なスタイルなのだとか……。中村さんが世界に飛び出して婚活した理由にも注目です!

反対されたら結婚中止!?

ここ最近うちの極小ベランダが鳩の糞だらけ。パリは鳩が多くて困ります。
その汚いベランダの横で原稿を書き書きしています。これぞパリのリアル。

ところで、 街の新緑が最も美しいパリの6月はジューン・ブライドのシーズンです。

私の結婚式は2年前の6月。近所の区役所でフランス人の旦那さんと挙げました。

結婚式といっても、所要時間たったの15分。誓いの言葉を聞かれて、「oui」と答えてサインして終了です。式を仕切るのは区長さん。「あれ? ランニングの後の参加ですか?」と聞いてしまいそうなラフな姿に拍子抜けしたのを覚えています。


友人お手製の花束と式後にもらう重要な家族手帳


パリでの入籍・挙式の手続きはというと、まずは自分の住む区役所に出向き必要書類を提出。日取りの予約の後、10日間ほど役場に結婚希望者二人の個人情報が掲示されます。

この掲示の期間、結婚反対の人が現れたら結婚式は中止!

問題なければ無事に予定通り結婚できるという流れです。だから、私たちはこっそり手続きをして6月の式当日を迎えました。別に誰かに反対されるってことはないでしょうが、念のためにね。

厳かに 行われた結婚式の後は、結婚パーティーを開催するのが一般的です。私たちの場合は自分たちの小さなアパートに移って家族や友人でシャンパンで乾杯&ケーキカットでお祝いをしました。

結婚式当日が月曜日という平日だったので、直前の日曜日にも、正式な結婚パーティー(バーベキュー)を実家の庭で開催しました。


旦那さんの好きなオレンジで統一し、折り紙や風船で飾りつけ


以上で終了。シンプルなもんです。
結婚式に使ったお金は合計10万円以下。

これに対して、日本の平均挙式費用は343.8万円(「ゼクシィ結婚トレンド調査2012」より)。そんなにかかるなんて、ちょっと信じられません。

私の質素結婚式にかかった料金と日本平均の内訳を比べてみると、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

guri_co この記事いろいろ共感出来る。結婚したくない訳じゃないけどそんなに頑張るもの?とか結婚式に何百万なんて信じられないとか。 4年以上前 replyretweetfavorite

lubudat 良い話だった ていうか、「記念写真22万円」ってなにそれイミわかんない! 4年以上前 replyretweetfavorite

Leukosaphir https://t.co/6XkdZv0ee5 そーかぁー、東京だと「 人は人、自分は自分 」とは思えないし「 自分にとって何が幸せなのか 」を落ち着いてゆっくり考えることができないけど、パリだとそれができるのかぁ 。 4年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan 世界婚活の本に世界の婚活事情についても書いてますよ〜“@OsamubinLaden: ” 4年以上前 replyretweetfavorite